日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(3月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

統計調査員の確保及び資質向上

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,849位 (19,400事業中)
成果物アクセス数:266
更新日 : 2020年3月28日

注目度とは?

団体名 全国統計協会連合会
団体名ふりがな ぜんこくとうけいきょうかいれんごうかい
年度 1979年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,378,000
助成金額: ¥6,378,000
事業内容 イ. 諸外国の統計調査員制度の研究
@ 調査研究内容
(a) 統計調査員制度の研究
(b) 統計調査員の役割・給与
(c) 統計調査員の確保及び研修
A 調査場所  アメリカ・カナダ
B 調査期間  15日間
C 調査人員  2名
ロ. 地方公共団体における統計調査員の確保等に関する調査研究
@ 調査研究内容
(a) 常任制の実態及びメリット・デメリット
(b) 登録制の     〃    〃
(c) 統計調査員関係団体の実態及びその役割
(d) 今後の方向
A 調査対象
 北海道、宮城、神奈川、愛知、大阪、広島、香川、福岡の8道府県の現地調査
ハ. 統計調査員の面接技術等についての調査研究
@ 調査研究内容
 現在、第一線で活躍している統計調査員のうち前記8道府県から優秀な者各6名を選び面接技術等についてヒヤリングを行い、統計調査の実務の体系化を行った。
(a) 日常の心構え
(b) 面接の準備
(c) 質問の仕方
(d) 調査票の検査  など
ニ. 統計調査員協議会研修会の開催
 調査研究成果をもとに統計調査員問題について検討し、その改善の方策を求める。
開催日時  昭和55年2月26〜27日 2日間
開催場所  東京都
参加人員  統計調査員 47人(47県×各1人)
統計調査指導員 15人(政令指定都市から各1名)
講師    9人(地方) 3人(中央)
統計調査指導員 15人
成果物 「統計調査員の確保及び資質向上」の報告書
備考