日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

消防情報処理技術の研究開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:7,826位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:69
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 消防科学総合センター
団体名ふりがな しょうぼうかがくそうごうせんたー
年度 1979年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥7,146,000
助成金額: ¥7,146,000
事業内容 イ. 消防行政における電子計算組織の効率的運用技術の開発研究
@ 研究内容
 現在行われている消防行政業務の内容について検討しその作業を通じて、電子計算組織を活用することにより、消防行政施策を科学的かつ迅速に行うことが可能となる業務内容を明らかにするとともに、具体的に消防統計業務をとり上げ、その効率的な運用形態についての開発を行った。
A 研究項目
 主として次の3項目について研究を行った。
1) 消防行政機関及び消防情報処理機関における電子計算組織の利用実態とニーズの調査分析
2) 電子計算組織導入という観点からの消防行政機関における業務内容の分析・整理
3) 消防統計業務における効率的運用方策の研究開発
B 研究方法
1) センター職員(3人)、学識経験者(3人)、消防行政機関職員(8人)の計14人の委員からなる消防情報システム委員会を設け研究を行った。
2) 一部の専門事項について、富士通株式会社に委託して研究を行った。
ロ. 消防統計システムの開発研究
@ 研究内容
 現在収集されている消防関連情報の中から、統計処理に適したものを検討、抽出し、そのデータを用いて、消防関係機関に対し、必要な消防統計データを迅速に提供することを目的とした消防統計の検索システムを開発した。
A 研究項目
 主として次の3項目について研究を行った。
1) 現在収集されている消防関連情報を収集・検討し、統計処理に適したものを明らかにすること。
2) 消防関係機関が必要としている消防統計データの内容を調査によって明らかにすること。
3) @、Aの検討結果をもとにした消防統 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「消防情報処理技術の研究開発」の報告書
備考