日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

マイタウンマーケット実行委員会

まいたうんまーけっとじっこういいんかい

 

最終更新日:2014年3月26日  
団体紹介ページ
団体種別 任意団体  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 東京都  
市区町村 目黒区  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://www.mytownmarket.net  
所轄省庁名  
設立年月日 2011/05/01  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 仮設住宅の中に「手づくりの町」をつくる文化活動《マイタウンマーケット》を、仮設住宅に住む地元住民を中心に、学生、ボランティア、町外支援者など被災地域に関わる多様な人びとが垣根無く恊働しながら実践することで、復興にむけた仮設住宅生活期に新しいコミュニティを育むことを目的とする。また、震災によって地域社会に生じた「関係性の隔たり」を可視化されない被害として捉え、新しい地域文化活動《マイタウンマーケット》が育むコミュニケーションプロセスをとおして被災地域コミュニティの「関係性の復興」を目指す。
福島県相馬郡新地町小川公園応急仮設住宅に「手づくりの町」を一日限定でつくるイベント《マイタウンマーケット》を3〜4ヶ月おきに定期開催している。
《マイタウンマーケット》は、仮設住宅の中にみんなでつくる手づくりの市場のことである。お店のベースとなるゴザを自由参加のワークショップ形式でつくることからはじまり、どんなお店をつくり、どうやって人を集めるか、かどの運営まで仮設住宅に住んでいる地域住民を中心とする実行委員会メンバーみんなで協力しておこなっている。
《マイタウンマーケット》の特徴は、それぞれのお店が町のパーツを模していることにある。町にあるもの(喫茶店、八百屋、花屋、郵便局、学校、交番など)を考え、選び、市場のお店としてつくる。どういった店をつくるかは、参加する人のアイディアによって決定する。《マイタウンマーケット》は町について考え、町のパーツを自ら作り出すことによっていわゆるフリーマーケットとは違う面白さと豊かなつながりの場を創出する。
この「自分たちの考えた町の要素を店としてつくる」というマイタウンマーケットの計画、実施のうロセスは、漠然とした「復興」という目標について地域住民による等身大のアクションを促す基盤として機能してきた。
現在は、子ども実行委員会のメンバーが《マイタウンマーケット》でつくりたい町の要素を発想するところからはじまる。外部支援者であるアドバイザー北澤潤が子どもたちの発想を引き出すサポートを行なっている。子どもたちの自由な発想はマイタウンマーケットの大きな魅力となっている。
子どもたちのアイディアをもとに、それらを実現するための手順や制作補助、人を集めるための工夫を実行委員会メンバーで役割分担しながら《マイタウンマーケット》を実現させてゆく。近隣にある新地高校の学生も実行委員会メンバーとして企画・準備に参加している。実行委員会運営には、マネジメントサポート山口麻里菜が携わっている。イベント当日は全国からボランティアスタッフが集まり、地域住民と共に一日かぎりのイベントをつくっている。企画から実現までの一連のサイクルが3〜4ヶ月でひとまわりするペースで活動している。  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2014 子どものアイディアを取り入れた復興まちづくり活動 ¥1,000,000
合計 ¥1,000,000