日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

朝日会

あさひかい

注目度注目度1

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,582位 (6,993団体中)
成果物アクセス数:74
更新日 : 2019年5月18日

注目度とは?

最終更新日:2015年8月20日  
団体紹介ページ
団体種別 社会福祉法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 茨城県  
市区町村 笠間市  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL  
所轄省庁名 茨城県  
設立年月日 1980/12/15  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 社会福祉法人は、社会福祉事業を行うことを目的に、法律の定めるところにより設立された公益性と非営利性の高い法人である。私ども社会福祉法人「朝日会」が目指すのは、利用者が人間としての尊厳を保ちながら地域社会において自立した生活を営むことができるよう、ひとり一人を大切にした生涯サポートである。第1種社会福祉事業として障害者支援施設「愛の里」の設置経営、第2種社会福祉事業として障害福祉サービスと相談支援、そして公益事業の地域生活支援事業を実施している。法人経営の基本方針は、社会福祉事業の主たる担い手として相応しい事業を確実・効果的かつ適正に行うため、経営基盤の強化と提供する福祉サービスの質の向上、事業経営の透明性の確保を図ることである。障害福祉を取り巻く状況が激変しているが、いつの時代も変わらないのは「障害があっても普通に当たり前に暮らせる社会の実現」なのでその目標に向かって邁進していく所存である。
生活支援は、正しい生活習慣と社会適応力を身につけるための個別支援計画を作成し、定期的にモニタリングを繰り返しながら支援目標の達成に努めている。毎日、夜勤の職員が利用者の日頃抱えている不平不満などを個々に聞く「私の時間」を設け、ひとり一人が抱えている生活上の問題を把握しそれらを解決することによってストレスを解消させ、情緒の安定を図り、穏やかな施設生活が送れるような支援に努めている。
作業訓練は、本人の希望と能力や体力、年齢などを考慮して農耕、農芸、室内、生活の各作業班に分け、作業訓練を通して自身の役割を自覚させるとともに、働くことの喜び、積極性、持続性、協調性等を涵養する。ケアホーム・グループホーム入居者については就労に向けた職場実習などにも積極的に取り組んでいる。
健康管理は、部屋単位、作業班単位に支援部内の連携を緊密にし、朝夕のミーティング時に利用者ひとり一人の健康状態を報告し、それらの情報を直接処遇職員が共有することによって安全面に配慮した生活支援や作業訓練をしている。また、定例の健康診断を行い、嘱託医や協力医療機関との連携を図り、早期発見・早期治療に努めている。
災害防止は、日常的な防災教育に努めるとともに、消防署、地域住民と協力して火災や地震を想定した避難訓練を毎月実施して危機管理に努めている。不審者対策についても警察署の協力を得て対応マニュアルを作成し施設内の管理体制を整え利用者の安心安全に万全を期している。
衛生管理と給食は、食器類の消毒や手洗い・うがいを励行し食中毒の防止に努めるとともに、厨房内の日常的な衛生管理に努めている。利用者から希望のあった献立を採用したり、旬の食材で季節感を出したり、選択メニューやバイキングを取り入れるなど献立にも創意と工夫を凝らして、美味しくて安心安全な食事サービスに努めている。主食の米は農耕班がつくり、野菜も一部は農芸班が栽培して地産地消を実践し経費節減にも努めている。また、栄養士による個人毎の栄養管理を行い、生活習慣病の予防に努めている。  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2015 送迎車(普通車)の整備 ¥1,260,000
2010 障害者支援施設(生活介護)の機器整備 ¥4,600,000
2003 送迎支援車の整備 ¥1,290,000
合計 ¥7,150,000