日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(3月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

神奈川海難救助隊

かながわかいなんきゅうじょたい

 

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,308位 (6,942団体中)
成果物アクセス数:11
更新日 : 2019年3月23日

注目度とは?

最終更新日:2017年4月26日  
団体紹介ページ
団体種別 認定特定非営利活動法人  
郵便番号 221-0044  
主要所在国 −  
都道府県 神奈川県  
市区町村 横浜市  
番地等 中区日本大通14 KN日本大通ビル4F  
代表者名 信田 清治  
代表者名ふりがな のぶた せいじ  
電話番号 090-2644-6251  
Fax番号 0466-44-7347
e-mail brave2sn@shonan.cityfujisawa.ne.jp  
ホームページURL http://www.shonanfujisawa.com/~brave2sn  
所轄省庁名 その他  
設立年月日 1967/04/01  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 目的 
 この法人は、神奈川県沿岸海域において、一般小型船舶や海洋レジャー者及び地震等災害被災者に対して、海難事故や地震等災害発生時の人命救助救難活動及び救援物資等の海上輸送に関する事業を行うとともに、海洋環境破壊や海難事故防止に関する啓発活動を通じ、ごみの不法投棄撲滅や海洋ルールの厳守とマナーの向上をはかり、安全で快適な海洋レジャーの普及と発展及び地震等災害に対応できる安全な地域環境作りに寄与することを目的とする。
業務
 一般小型船舶や海洋レジャー者への海難事故防止活動及び海上安全パトロール並びに海洋環境保全活動を行う。海難事故や地震等災害発生時に、人命救助救難活動及び救援物資の海上輸送を行う。その他、この法人の目的を達成するために必要な事業を行う。  
備考    

沿 革
1967年 同好会を隊員10名で立ち上げ、神奈川県藤沢市の湘南江の島を基地として、海難事故の救助救難活動を開始する。
1979年 任意団体神奈川海難救助隊を隊員50名で設立する。隊長に佐々木淳宣が就任する。
1990年 隊長佐々木淳宣が退任し、新隊長に信田清治が就任する。
1999年 特定非営利活動法人神奈川海難救助隊を理事3名、監事1名、社員(正会員)13名で設立する。
2010年3月 1日 国税庁長官認定特定非営利活動法人となる。
2015年3月27日 横浜市長認定特定非営利活動法人となる。
現在に至る  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2007 定期的定海域の浮遊ごみ調査 ¥500,000
2006 定期的定海域の浮遊ごみ調査 ¥500,000
2005 定期的定海域の浮遊ごみ調査 ¥500,000
2000 海難事故防止に係る海上警戒やパトロールの実施 ¥730,000
1999 海難事故救助活動に係る船舶用GPS等の整備 ¥890,000
合計 ¥3,120,000