日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

アーツアライブ

あーつあらいぶ

 

最終更新日:2022年11月30日  
団体紹介ページ
団体種別 一般社団法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 東京都  
市区町村 豊島区  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://www.artsalivejp.org  
所轄省庁名  
設立年月日 2009/11/30  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 目的:アートによる社会包摂の実現
芸術の創造性と非日常性を通した共生社会の創造。
認知症や自閉症その他の障害のある方も含めあらゆる人が人生の最後まで尊厳を保って、その人らしくありのままに生きることができる社会を、芸術の場を共有することで創造することで、障害に対しての社会の偏見をなくし、彼らの生きやすい社会に変えていくことで、誰にでも生きやすい社会を創造する。
アートマネジメントの職業化: 
アート事業の触媒であるアートコンダクターのようなプログラムファシリテータ-を21世紀の新たな知的職業として確立する。
アートの非薬物療法としての持続的な効果に注目し、アートプログラムが社会処方として認められる社会の実現を目指している。
活動、業務:
1.障害のある人(特に認知障害や自閉症)の為の、彼らの社会参画と自己肯定感の向上のための彼らの特性を生かした創造的なアートプログラムの開発
2.人材育成:認知症当事者対象アートプログラム「ARTRIP アートリップ」や自閉症を対象とするアートプログラムを障がいのある方への共感力とファシリテーションスキル、芸術の知識を併せ持つファシリテーター養成事業
3.障害を持つ認知症当事者や高齢者、自閉症の人を対象とする国際交流事業
4.調査、研究、講演、出版事業
医療、福祉におけるアートの可能性や意味についての国内外での研究
     
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2014 認知症患者及び支援者を対象とした絵画鑑賞プログラムの実施 ¥2,370,000
合計 ¥2,370,000

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。