日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(1月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

京都大学

きょうとだいがく

注目度注目度1

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,199位 (7,349団体中)
成果物アクセス数:267
更新日 : 2022年1月22日

注目度とは?

最終更新日:2020年9月1日  
団体紹介ページ
団体種別 国立大学法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 京都府  
市区町村 京都市  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://www.kyoto-u.ac.jp/  
所轄省庁名 文部科学省  
設立年月日 1897/06/18  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 京都大学フィールド科学教育研究センターは、新たなフィールド科学としての森里海連環学を提唱し、温帯域におけるフィールド科学の教育研究拠点として、人と自然の共存原理に資する新たな科学を創造し、新たな価値観の形成をめざしている。
 この理念を実現するため、以下の点を重点に教育と研究を展開する。
 ○森林生物圏、里域生物圏、沿岸海洋生物圏間の連環機構の解明
 ○森林生物圏、里域生物圏、沿岸海洋生物圏における基礎科学の展開
 ○森林域、里域、沿岸海域における各ステーションの長期的生態学研究拠点としての機能強化
 ○自然生態系や地球環境の保全に関する地域に根ざした現場教育と研究の展開
 ○森林域、里域、沿岸海域における生物圏情報の発信による社会連携の推進
 ○地球環境問題の解決に貢献し得る総合的視点と優れた専門性を兼ね備えた人材の育成
教育研究部
 研究推進部門、森林生態系部門、里域生態系部門、海洋生態系部門 の4部門、7分野から構成されている。森−里−海の連環を軸とした教育・研究を進める。
 2012年4月より、公益財団法人 日本財団の助成により、京都大学学際融合教育研究推進センターに「森里海連環学教育ユニット」が発足した。
管理技術部
 企画情報室と森里海連環学プロジェクト支援室、森林、里域、水域の3フィールド管理部門、9施設からなる。フィールドの管理・運営および基礎情報の収集、情報管理、技術開発、教育研究支援を行う。
施設
森林ステーション
 芦生研究林 京都府南丹市美山町
 北海道研究林 標茶区 北海道川上郡標茶町
           白糠区 北海道白糠郡白糠町
 和歌山研究林 和歌山県有田郡有田川町
里域ステーション
 上賀茂試験地  京都市北区
 徳山試験地 山口県周南市
 北白川試験地 京都市左京区
 紀伊大島実験所 和歌山県東牟婁郡串本町
海域ステーション
 舞鶴水産実験所 京都府舞鶴市
 瀬戸臨海実験所 和歌山県西牟婁郡白浜町  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2020 新型コロナウイルス感染症と複合災害に備えた救急医療施設への緊急支援プログラム (実施中) ¥49,270,000
2016 森里海連環学教育プログラム(日本財団高度人材育成プログラム) ¥225,500,000
2014 森里海連環学教育プログラム(日本財団高度人材育成プログラム) ¥226,040,000
2012 森里海連環学教育プロジェクト(日本財団講座) ¥148,550,000
合計 ¥649,360,000

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。