日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

琵琶湖市民大学

びわこしみんだいがく

注目度注目度1

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,588位 (7,480団体中)
成果物アクセス数:154
更新日 : 2022年8月13日

注目度とは?

最終更新日:2009年5月8日  
団体紹介ページ
団体種別 任意団体(略称なし)  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 兵庫県  
市区町村 神戸市  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://www.hyogokankyo-lab.com/biwako/index.html  
所轄省庁名  
設立年月日 2003/02/01  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 【団体の目的】
琵琶湖・淀川流域の環境問題について取り組む市民、学生、研究者と環境活動市民団体からなるネットワーク団体です。以下の2つを活動の柱として、琵琶湖・淀川流域の環境保全活動に取り組んでいます。
1、琵琶湖・淀川流域の市民を対象とした環境講座の開講
 宿泊合宿形式の体験型環境学習講座「合宿・琵琶湖市民大学」の開催
 琵琶湖やその周辺地域に関する講演会・シンポジウムの開催
2、琵琶湖の水質や生物に関する独自の調査研究活動と改善策の提言
【団体の活動・業務】
2003年〜
琵琶湖全域の水質及び底質環境の調査の実施。
調査結果を報告書としてまとめ、京都市内で調査結果報告会を実施。また、琵琶湖とその周辺地域の生態系や社会環境に関する4回の連続公開学習会を実施。
2004年〜
琵琶湖の変化が映し出す身近な環境問題について、琵琶湖のそばで、琵琶湖の調査を体験しながら学習できる大学「合宿・琵琶湖市民大学」を3泊4日の合宿形式で開催。(2004、2005、2006年)
2005年〜
団体の名称を「20年目の琵琶湖調査団」から「琵琶湖市民大学」に変更
琵琶湖のレジャーの一つとして盛んに行われている水上バイク(水上オートバイ)が走行時に排出するベンゼンなどの揮発性有機化合物による水質汚染や湖岸の居住地域に響く騒音に関する「水上バイク調査」を実施。(2005、2006、2008年)
水上バイクの利用制限を求める提言を滋賀県、大津市に提出。(2007、2008年)
2007年〜
地球の温暖化による琵琶湖最深部の低酸素化に関連した調査を実施。
調査報告書を出版し、学術研究及び琵琶湖の環境問題への理解を深める啓発書として活用。
熊本学園大学の原田先生、花田先生をお招きして「水俣病と研究者」と題した講演会を実施。現場から学ぶという姿勢を教わり、同学の水俣学研究センターと連携し、環境問題の原点である水俣を学ぶプロジェクトをスタート。
2008年〜
水俣から環境問題を学ぶ「合宿・水俣市民大学」を熊本県水俣市で3泊4日で実施。  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2009 大阪湾の水質調査及び市民講座の開催 ¥360,000
合計 ¥360,000

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。