日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

日本航路標識協会

にほんこうろひょうしききょうかい

 

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:52位 (7,026団体中)
成果物アクセス数:188,047
更新日 : 2019年10月19日

注目度とは?

最終更新日:2012年12月13日  
団体紹介ページ
団体種別 一般財団法人  
郵便番号 102-0083  
主要所在国 −  
都道府県 東京都  
市区町村 千代田区  
番地等 麹町4-5  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 03-3230-1470  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://www.jana.or.jp  
所轄省庁名  
設立年月日 1982/04/01  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 航路標識用の施設、機器の調査、研究、開発、維持管理その他航路標識技術の向上のための事業を行うとともに、航路標識に関する国際協力を行うことにより、船舶交通の安全を確保し、あわせて船舶の運航能率の向上に寄与することを目的とし、
   1.航路標識用施設及び機器に関する調査、研究、開発及び維持管理
   2.航路標識用施設及び機器に関する啓蒙普及
   3.航路標識用機器の規格の制定、普及及び検査
   4.航路標識に関する国際協力
   5.その他目的を達成するために必要な事業
   を行っている。
1.航路標識用施設及び機器に関する調査、研究、開発及び維持管理
  最新の技術を用いた機器等に関する調査を行うとともに、航路標識を正常に
  運用するための維持管理
2.航路標識用施設及び機器に関する啓蒙普及
  航路標識を適正に使用するための啓蒙
3.航路標識用機器の規格の制定、普及及び検査
  航路標識に使用する機器の規格の制定を行い、安全で安心して使用できる機
器が提供できるための機器に対する検査
4.航路標識に関する国際協力
  近隣の発展途上国に対して、最新の技術を用いた航路標識にかかる設計、航
  路標識維持管理技術取得のための研修、航路標識システムの世界的基準の制
  定に対する技術の提供  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2009 航行援助システムの国際基準に関する調査研究 ¥6,517,000
2009 電子航法支援システム(ENSS)の構築に関する調査研究 ¥10,217,000
2008 航行援助システムの国際基準に関する調査研究 ¥6,800,000
2008 電子航法支援システム(ENSS)の構築に関する調査研究 ¥4,087,000
2007 航行援助システムの国際基準に関する調査研究 ¥6,655,000
2006 航行援助システムの国際基準に関する調査研究 ¥4,800,000
2006 次世代型航行支援システムを活用した仮想航路標識に関する調査研究 ¥10,798,000
2005 航行援助システムの国際基準に関する調査研究 ¥4,800,000
2005 次世代型航行支援システムを活用した仮想航路標識に関する調査研究 ¥5,300,000
2004 航行援助システムの国際基準に関する調査研究 ¥3,800,000
2004 新マイクロ波標識の開発に関する調査研究 ¥10,300,000
2003 新マイクロ波標識の開発に関する調査研究 ¥7,004,000
2001 国外航路標識に関する調査研究 ¥2,691,000
2000 国外航路標識に関する調査研究 ¥2,611,000
2000 船舶通航業務における高速船の監視方式の調査研究 ¥6,485,000
1999 国外航路標識に関する調査研究 ¥3,300,000
1999 船舶通航業務における高速船の監視方式の調査研究 ¥6,533,000
1998 国外航路標識に関する調査研究 ¥5,900,000
1998 船舶通航業務における高速船の監視方式の調査研究 ¥5,581,000
1997 国外航路標識に関する調査研究 ¥3,977,000
1997 国内航路標識用施設及び機器に関する調査研究 ¥6,937,000
1996 沿岸航行援助情報システムの構築に関する調査研究 ¥12,010,000
1996 国外航路標識に関する調査研究 ¥4,400,000
1996 国内航路標識用施設及び機器に関する調査研究 ¥4,151,000
1995 国外航路標識に関する調査研究 ¥3,600,000
1995 国内航路標識用施設及び機器に関する調査研究 ¥8,169,000
1994 国外航路標識に関する調査研究 ¥3,400,000
1994 国内航路標識用施設及び機器に関する調査研究 ¥7,904,000
1993 国外航路標識に関する調査研究 ¥5,188,000
1993 国内航路標識用施設及び機器に関する調査研究 ¥18,064,000
1992 国外航路標識に関する調査研究 ¥2,949,000
1992 国内航路標識用施設及び機器に関する調査研究 ¥18,764,000
1991 国外航路標識に関する調査研究 ¥3,888,000
1991 国内航路標識用施設及び機器に関する調査研究 ¥21,149,000
1990 航路標識システムの開発に関する調査研究 ¥20,424,000
1989 基盤の健全化資金 ¥6,000,000
1989 航路標識システムの開発に関する調査研究 ¥20,469,000
1988 基盤の健全化資金 ¥10,100,000
1988 航路標識システムの開発に関する調査研究 ¥21,722,000
1987 基盤の健全化資金 ¥13,400,000
1987 航路標識システムの開発に関する調査研究 ¥22,077,000
1986 基盤の健全化資金 ¥27,200,000
1986 航路標識システムの研究開発 ¥17,316,000
1985 基盤の健全化資金 ¥29,100,000
1985 航路標識システムの研究開発 ¥17,957,000
1984 基盤の健全化資金 ¥32,900,000
1984 航路標識システムの研究開発 ¥22,817,000
1983 基盤の健全化資金 ¥36,300,000
1983 航路標識システムの開発に関する調査研究 ¥22,192,000
1982 基盤の健全化資金 ¥52,800,000
1982 航路標識システムの開発に関する調査研究 ¥20,818,000
合計 ¥632,321,000