日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 図書館 > 成果物情報

2019年度 菊澤律子連載「声の言葉と手の言葉(最終回) 多言語社会に向けて」

 事業名 「日本財団助成手話言語学研究部門」の設置及び手話言語学事業の推進
 団体名 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立民族学博物館 注目度注目度1


2019年度 菊澤律子連載「声の言葉と手の言葉(最終回) 多言語社会に向けて」

この成果物はCANPAN事業成果物(http://fields.canpan.info/report/)で公開されています。
公開されている成果物をご覧いただくには、上記成果物名のリンクからダウンロードを行ってください。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
28,740位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
1

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.2019年度 菊澤律子連載「声の言葉と手の言葉」22
2.2019年度 菊澤律子連載「声の言葉と手の言葉(二四) フィジーの地図プロジェクト」
3.2019年度 菊澤律子連載「声の言葉と手の言葉(二五) フィールドに出かけよう!(1)」
4.2019年度 菊澤律子連載「声の言葉と手の言葉(二六) フィールドに出かけよう!(2)」
5.2019年度 菊澤律子「声の言葉と手の言葉(二三) 言語と仲間意識」
6.2019年度 菊澤律子連載「声の言葉と手の言葉(二七) フィールドに出かけよう!(3)」
7.2019年度 菊澤律子連載「声の言葉と手の言葉(二八) ソースコミュニティー還元」
8.2019年度 菊澤律子連載「声の言葉と手の言葉(二九) 言語アートを垣間見る」
9.2019年度 磯部大吾「「青野菜」は青色?」
10.2019年度 菊澤律子「南の島でコトバの調査をはじめるまで」
11.2019年度 菊澤律子・相良啓子「日本手話の方言」
12.2019年度  Minpaku Sign Language Studies 1
13.2019年度 Engberg-Pedersen, Elisabeth and Masumi Ikeda 論文
14.2019年度 Paradigm Leveling in Japanese Sign Language and Related Languages
15.2019年度 菊澤律子 論文
16.2019年度 手話言語と音声言語に関する民博フェスタ2019 (SSLL2019) ウェブサイト
17.2019年度 公開講演会「手話研究と手話教育:ろう者の役割・聴者の役割」ウェブサイト
18.2019年度 大阪大学全学教育「手話の世界と世界の手話言語☆入門」ウェブサイト
19.2019年度 国立民族学博物館学術手話通訳研修事業ウェブサイト
20.2019年度 手話通訳者のための「みんぱくで手話言語学を学ぼう!」2019ウェブサイト
21.2019年度 みんぱくで手話通訳士を目指そう!2019ウェブサイト
22.2019年度 「みんぱくで手話通訳技術を磨こう!2019」【昼の部】ウェブサイト
23.2019年度 「みんぱくで手話通訳技術を磨こう!2019」【夜の部】ウェブサイト
24.2019年度 相良啓子TISLRポスター発表
25.2019年度 Theresia Hofer ・相良啓子TISLRポスター発表
26.2019年度 相良啓子「 日本手話,台湾手話,韓国手話の二桁から四桁の数の表現における変化」
27.2019年度 飯泉菜穂子PEPNet-Japanポスター
28.2019年度 会報30号配布事業 事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から