日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 国防.軍事 > 成果物情報

海事の国際的動向に関する調査研究事業報告書(海上安全)

 事業名 海事の国際的動向に関する調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


Vessel Monitoring System(VTS)セミナー概要
IR06-3-4-2
海上保安庁情報通信企画課
平成18年11月24日
 
発表者及び内容(7月26日〜28日)
 
・米国(USCG)MDA
・カナダ(CCG)MDA
・オーストラリアMDA
・EU SSNを活用した船舶動静システム
・デンマーク(航海・水路局)AISを活用したバルト海域における船舶動静システム
・イギリス(MCA)e-Navigation
・ロシア(航空会社(Morsviazsputnik))Victoriaを活用した船舶動静システム
・韓国(海洋水産部)GICOM
 
主要ポイント
 
・各国既存動静情報を省庁横断型にして効率、効果的に活用することにより、海上安全、保安及び環境保護面の向上を計っている。
・海上領域認識(MDA)構想の下で動静情報を活用する国がある;アメリカ、カナダ、オーストラリア。
→MDAの主要目的は上記以外の発表国の目的と同様であるが保安面の色彩が更に強い。
 
米国
 
・MDAの一環として船舶動静情報の整備を進めている。
・船舶共通画面上に性質毎に色分けされた船舶の位置が表示され、必要であれば該当船舶の情報を一括して入手できる。画面は機密性のある画面とない画面に分類できる。
 
MDAと動静情報の相関図
 
USCG船舶共通画面(機密性のないもの)
(拡大画面:210KB)


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,082位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
8,868

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.海事の国際的動向に関する調査研究?海洋汚染防止関係?事業報告書
2.北方4島「ビザなし交流」専門船の建造と活用法に関する提言
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から