日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

平成17年度 船舶バラスト水等処理技術実用化のための調査研究 報告書

 事業名 船舶バラスト水等処理技術実用化のための調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


6.2 運用承認活動
(1)「活性物質を使用するバラスト水管理システムの承認に関する手順(G9)」の基本承認の申請書の作成と提出(4月12日)
 
 スペシャルパイプ・ハイブリッド方式のように、バラスト水管理システムにオゾン等の活性物質を使用する場合には、G9ガイドラインに基づいたIMOによる承認が必要である。
 G9ガイドラインの承認は、G8ガイドラインの陸上試験や船上試験での活性物質承認を与える基本承認と、G8ガイドライン陸上試験の排出水の状況を基にして最終的な活性物質使用の承認を与える2段階の承認が必要となっている。すなわち、G8ガイドラインに基づく承認の取得活動のためには、G9ガイドラインの基本承認が不可欠であり、承認活動全てのスタートとなる。
 本事業では、この規定に基づいて、G9ガイドラインの基本承認に必要な情報収集・整理と毒性試験等を実施し、基本承認の申請書(非公開)を作成した。そして、2006年10月のMEPC55での承認を受けるべく、2006年4月12日に申請書をIMOに提出した。
 以下には、申請書の公開版あるMEPC提案文書(MEPC55/2、日本提案)を添付する。
 
INTERNATIONAL MARITIME ORGANIZATION
MARINE ENVIRONMENT PROTECTION COMMITTEE
55th session
Agenda item 2
MEPC 55/2
12 April 2006
Original: ENGLISH
 
HARMFUL AQUATIC ORGANISMS IN BALLAST WATER
Basic Approval of Active Substances used by Special Pipe Ballast Water Management System (combined with Ozone treatment)
 
Submitted by Japan
 
SUMMARY
Executive summary: This document contains non-confidential information for Basic Approval of Active Substances used by Special Pipe Ballast Water Management System (combined with Ozone treatment) in acccordance with the Procedure for approval of Ballast Water Management Systems that make use of Active Substance (G9) adopted by resolution MEPC.126(53). The relevant documents and an application dossier will be provided to the Marine Environment Division of the Organization for review by the GESAMP - Ballast Water Working Group.
Action to be taken: Paragraph 6
Related documents: BWM/CONF/36, BWM.2/Circ.2, MEPC 54/2/9, MEPC 54/2/12, MEPC 54/21
 
Introduction
1 The Ballast Water Management Convention (BWM Convention), in its regulation D-3, provides that Ballast Water Management systems, which make use of Active Substances to comply with the Convention, shall be approved by IMO based on a procedure developed by the Organization.
 
2 MEPC 53 adapted, by resolution MEPC.126(53), the “Procedure for approval of Ballast Water Management Systems that make use of Active Substances (G9)”. Section 8 of the Procedure sets out the methodology to be followed for the approval of Active Substances and requests IMO to establish a Technical Group (the GESAMP - Ballast Water Working Group) to review the proposals submitted by Administrations and report to the Organization on its findings.
 
3 MEPC 54 agreed to invite Members to submit their proposals for approval (application dossiers) and the non-confidential description of the systems for MEPC 55, by Friday. 21 April 2006 (MEPC 54/21, paragraph 2.24).
 
4 This document contains non-confidential information regarding Special Pipe Ballast Water Management System (combined with Ozone treatment) developed by the Japan Association of Marine Safety (JAMS). This system holds excellence in treatment capability. is safe not only to ships and crew but also to the environment and uses Ozone generated on board the ships as an Active Substance. A brief introduction of this system has been provided in annex 2 of document MEPC 54/2/9.
 
5 The application dossier together with relevant documents indicated in the circular regarding the second meeting of the GESAMP-BWWG (BWM 2/Circ.4) will be submitted to Marine Environment Division of the Organization to be reviewed by the Group in accordance with the provisions of resolution MEPC.126(53).
 
Action requested of the Committee
 
6 The Committee is invited to consider the proposal for approval of the Active Substances used by Special Pipe Ballast Water Management System (combined with Ozone treatment) for ballast water management.
 
For reasons of economy, this document is printed in a limited number. Delegates are kindly asked to bring their copies to meetings and not to request additional copies.


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
584位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
16,451

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.平成17年度 先進的海洋・造船塗装の開発研究 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から