日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

月刊「吟剣詩舞」2005 12月号

 事業名 通信衛星による吟剣詩舞の普及振興
 団体名 日本吟剣詩舞振興会 注目度注目度5


今月の詩(4)
平成十八年度全国吟詠コンクール指定吟題から
【幼年・少年の部】(絶句編)(4)
春夜洛城に笛を聞く 李白
 
【大意】開元二十三年(七三五)李白三十五歳(一説に開元二十二年)の作。春夜、洛陽の町で折楊柳の曲を聞き、望郷の念を起こしたことを述べた詩である。
 どこの家で吹くのであろうか、どこからともなく笛の音が聞こえてくる。その笛の音は春風に乗って洛陽の町一帯に響きわたる。この夜、吹く曲の中で、別離の際に奏でるあの折楊柳の曲を聞いたが、この曲を聞いて、いったいだれが故郷を思う情を起こさないものがあるだろうか。
 
【青年の部・一般一部・二部・三部】(絶句編)(4)
芙蓉楼にて辛漸を送る 王昌齢
 
【大意】この詩は王昌齢が江寧県(南京)の丞の時、芙蓉楼で、洛陽に帰る友人の辛漸を送別したもの。
 寒々とした雨が揚子江にふりそそぐ中を、夜になってから呉の地にやってきた。あけがたに、友人を見送ると、夜来の雨もやんで、朝もやのはれゆく中にぽつんと楚の山が見える。洛陽の友人がもし、王昌齢はどうしているか、とたずねたら、彼の心は一片のすみきつた氷が玉壼の中にあるようだ、といってくれ。
(解説など詳細は財団発行「吟剣詩舞道漢詩集」をご覧ください)


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,467位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
5,986

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.月刊「吟剣詩舞」2005 4月号
2.月刊「吟剣詩舞」2005 5月号
3.月刊「吟剣詩舞」2005 6月号
4.月刊「吟剣詩舞」2005 7月号
5.月刊「吟剣詩舞」2005 8月号
6.月刊「吟剣詩舞」2005 9月号
7.月刊「吟剣詩舞」2005 10月号
8.月刊「吟剣詩舞」2005 11月号
9.月刊「吟剣詩舞」2006 1月号
10.月刊「吟剣詩舞」2006 2月号
11.月刊「吟剣詩舞」2006 3月号
12.「船長、母校へ帰る」 第33回 岡山市立光南台中学校
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から