日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


8・3 インマルサット海事衛星通信システムの概要
 海事衛星通信システムは、3つの大きな構成部分からなっている。それらはインマルサットによって供給される衛星部分、海岸地球局及び船舶地球局である。このシステムの中枢センターはインマルサットのロンドン本部に置かれている運用制御センター(the operation control centre:OCC)であり、24時間体制で常時システムの管理、通信活動の調整を行っている。
 インマルサット衛星は、前述のように大西洋、インド洋と太平洋上空の赤道上で地表から約36000kmの高さの静止衛星軌道上にあり、ほぼ全世界的な有効通信範囲をもっている。
 図8・1に示すように船舶(船舶地球局)から発信された1.6GHz帯の電波は衛星で受信され、4GHzの電波に変換して、これを海岸地球局に送信される。陸上からの信号は逆の経路をたどって海岸地球局から6GHz帯の電波として衛星に向けて送信され、衛星はこれを1.5GHz帯の電波に変換して船舶地球局に送信する。
 衛星はこれら通信の中枢機能の役割を果たしている。現在のこれらの運用をしている衛星は、図7・15表8・2に示す位置にあり、従来の衛星より3〜4倍のチャンネル容量を持つ第2世代の衛星であるが、予備衛星としてまだ従来の第1世代の衛星が残っている。これらの衛星及び第3世代の衛星を含めて、それらの諸元を表8・3に示す。第3世代の衛星は(1)スポットビームの空中線をもつので、一部の海域で小さい利用者の空中線が使用できる(2)大型で中継容量が大きくなる(3)航法用の中継器をもっていて、GPSの業務の補充ができる(4)衛星の故障の自己診断をして、それを利用者に警報できるものである。
 
図8・1 海事衛星通信システム
 
 インマルサットの主要業務としては、その開設以来続いている電話、テレックス、ファクシミリ(FAX)を中心とし、移動局には80〜100cm径のパラボラ空中線を使用するA型が使用されてきたが、GMDSSの導入を契機に、無指向性空中線を主体とし、テレックスによるメッセージ通信のみを行うC型が導入され、遭難・安全通信ではむしろこのほうが主体になってきている。
 
表8・2 インマルサットシステムの衛星配置
(2005年7月現在)
海域 現用衛星(軌道位置) 予備衛星
太平洋 インマルサット−2(F3)
(178°E)
MCS-D
マリサット(F1、F3)
インド洋 インマルサット−2(F1)
(64.5°E)
MCS-A
マリサット(F2)
大西洋東 インマルサット−2(F2)
(15.5°W)
マレックスB2
太平洋東 インマルサット−2(F4)
(98°W)
MCS-B
 
表8・3 インマルサット衛星の主要諸元
(拡大画面:56KB)
 
 さらに、A型をデジタル通信化し、9600b/sの高速データ通信も可能となるB型、より小型の簡易な空中線で音声通信の可能なM型、そして、インマルサット条約の改正によって可能となった航空機との間の公衆通信と管制・業務、通信のための衛星通信であるAero型とがある。これらの各通信機能の諸特性は表8・4に示す。インマルサットの業務はまた、陸上移動体との間にも拡張されつつある。
 
表8・4 インマルサットの各型のシステム
A型 B型 C型 AERO M型
サービス開始
(世界/日本)
1982年 1993年 1991年/1992年 1990年 1992年
提供サービス 電話/テレックス/FAX/データ/HSD 電話/FAX/テレックス/データ/HSD テレックス/データEGC/データレポーティングポーリング 電話/データ 電話/FAX/データ
利用形態 船舶地球局
(海上使用)
携帯移動地球局
(陸上使用)
船舶地球局
(海上使用)
携帯移動地球局
(陸上使用)
船舶地球局
(海上使用)
携帯移動地球局
(陸上使用)
航空機地球局
(上空使用)
船舶地球局
(海上使用)
携帯移動地球局
(陸上使用)
通信形態 アナログ デジタル デジタル デジタル デジタル
伝送速度 4.8kbps
HSD 64kbps
音声 16kbps
その他 9.6kbps
HSD 64kbps
600bps 音声 9.6kbps
データ 300bps
音声 6.4kbps
その他 2.4kbps
備考 2007年12月末までサービス提供 A型の後継機HSDは携帯移動地球局でのみサービス提供 B型よりも品質が劣るが小型化
(注)HSD:High Speed Data(高速データ通信)
EGC:Enhanced Group Call(高機能グループ呼出し)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
193位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
58,152

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
9.船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から