日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


1・3・7 電界効果トランジスタ、Field Effect Transistor; FET
 図1・41FETの構造を示す。PとN型半導体を用いるが真空管と類似な動作をするもので、N型半導体のドレイン電極Dからソース電極Sに電流を注入すると電子は電流と逆に移動する。この電子流を挟むP型部分にあるゲート電極Gにマイナスの電圧をかけると電子を通さない空乏層が生じて電子流が制御される。ゲートGに信号電圧を加えるとD-S間の電流がGの信号で制御された出力電流となるので抵抗を通して出力電圧として取り出せる。この動作は真空管のプレートとカソード間に流れる電流をグリッド電圧で制御する動作と似ているのでFETは非常に高い入力抵抗回路となる。(b)にFETの記号を示す。ゲート部がP型とN型とによりPチャネルとNチャネルに分けられる。
 
図1・41 FETの構造と記号
(a)
 
(b)
 
1・3・8 トランジスタの等価回路と名称;
 トランジスタの電極はE、BとCの3つであるが接地する電極は入−出力共通となるので入力が2極、出力が2極の4つの端子をもつ4端子回路として等価回路が作られる。
 
図1・42 トランジスタの4端子等価回路
 
 図1・42にPNPベース接地回路と4端子等価回路を示す。入力、1-1'に電圧v1、電流i1を加えるとき出力、2-2'にv2、i2が現れるとして表示する。トランジスタの等価回路として代表的な回路は内部抵抗を用いたrパラメータと4端子定数を用いたhパラメータ表示がある。図1・43にエミッタ接地回路に対するrパラメータ等価回路を示す。信号eに対する等価回路なので直流バイアスは省略できる。信号は小振幅とするとベース抵抗rb、エミッタ抵抗re、コレクタ抵抗rc及び電流増幅率に対応する結合抵抗rmで表示できる。
 
図1・43 PNPエミッタ接地型rパラメータ等価回路
(拡大画面:27KB)
 
 入力と出力端子間をhパラメータ(ハイブリッドパラメータとも呼ぶ)で表示すると図1・44のように等価回路が描ける。
 
図1・44 PNPエミッタ接地のhパラメータ等価回
(拡大画面:15KB)
 
4端子回路の入力と出力との間はh定数を用いて
 
 
ここでh21
 
 
でコレクタを短絡したときの電流増幅率αとなる。h11は入力抵抗、h22は出力コンダクタンス(抵抗の逆数)、h12はエミッタを開放したときの入力−出力間電圧比の物理的性質に対応する。
 トランジスタの規格としてはrパラメータ、hパラメータの他に最大許容電力、内部発生雑音を示す雑音指数NF、温度変化の影響を示すコレクタ遮断電流ICO等があり回路を設計する場合に使用される。
 半導体素子の型名や用途はJIS(日本工業規格)により表示される。図1・45に表示の意味を示す。
 
図1・45 半導体素子の名称(日本工業規格)
(拡大画面:49KB)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
175位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
75,980

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
9.船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から