日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


7・6 船速距離計
 船速距離計は、船の速度あるいは航程を測る機械で総称してログといわれ、その原理方式から、電磁式、音響式に分かれる。
 速度の表示としては「対地」計測表示と「対水」計測表示とがあり、音響式の場合は深度により「対水―対地」を切り替えて表示することができるが、その他の方式は「対水」表示のみである。
 規則的には、「対水」表示のみを備えておけばよい。
 
7・6・1 電磁式ログ
 電磁式ログは、ファラデーの電磁誘導の法則「導体と磁界が相対的に運動するとき、導体に起電力が誘起され、この時、磁界、運動及び起電力の方向はお互いに直角の関係にあり、磁界が一定であると起電力の大きさは運動の速度に比例する。」を応用したものである。
 すなわち、静止海水に対して、船体とともに磁界が運動して起電力が発生する。測定さおの先端のセンサは内部にコイルを有し、このコイルが励磁されて磁界ができる。船が航走することにより誘起される起電力は、センサの先端に取付けられた1対の電極により検出される。
 電磁ログの構成の一例を図7・9に示す。
 
図7・9 電磁ログの構成の一例
W1:特殊ケーブル(メーカー支給)
W2:特殊ケーブル(メーカー支給)
 W3:TTCYS-1(NMEA0183)
 W4:DPYC-2.5(AC220V/100V)
 
7・6・2 音響式ログ
 音響式ログは、ドップラー効果「ある物体から発射された音波が他の物体で反射されて戻ってくるとき、両物体間に相対速度がある場合には、発射周波数と反射周波数の間には周波数のズレが生じ、その周波数のズレは相対速度に比例する。」を利用したものである。
 船舶では、前後、左右方向の速度を得る必要があることから、超音波を鋭いビームで四方または三方に発射し、発射周波数と反射周波数との周波数ズレを演算処理して船体速力、船体方位、対地速力、対水速力、潮流のデータを得る。
 音響式ログの構成の一例を図7・10に示す。
 ログからの外部出力信号としては、接点信号(航程:200P/nm)、デジタル信号、アナログ信号(電圧、電流)(RS-422、カレントループ)などが準備されている。
 
図7・10 音響式ログの構成の一例
W1:DPYC-2.5(AC220V/100V)
W2:DYYC-2.5(AC220V/100V)
W3:特殊ケーブル(メーカー支給)
 W4:TTYCS-1(NMEA0183)
 W5:特殊ケーブル(メーカー支給)
 


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
250位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
42,939

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
9.船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から