日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


6・3 接続ケーブルとコネクタの国際標準
 トーカとリスナを接続するときに用いる標準的なケーブルは、パソコンと周辺機器を接続するためのシリアル・インターフェースケーブルと同じで、主にRS-232C、RS-422、RS-485の3種類の規格に準拠したものが用いられる。これらの規格は各機器のポート(接続部)の信号線の内容を定めたもので、コネクタの規格ではない。
 コネクタについては、トーカやリスナ毎にいろいろな形状が採用されているが、代表的な形状をいくつか示す。
 
6・3・1 RS-232C
 EIA(米国電子工業界)規格の1つである。3種類の中では最も古くから使われている。1994年にこの規格の正式名称はTIA/EIA-232-Eとなったが、それまで使われていたRS-232Cという呼称が今も使われることが多い。
 特徴を表6・7にまとめる。信号は常に0Vとの比較によって論理値を得る不平衡型であるため、入力レベルの最小感度が大きい。そのために、論理値0から1へ変化するときに時間がかかり、次項に示すRS-422などに比べて高速な通信には向かない。
 コネクタはD-sub25ピンがよく用いられる。コネクタの形状とピンの配置を図6・5に、代表的な信号の割り当てを表6・8に示す。ただし、割り当ては機器特有の場合もあるので実際に接続するときは、それぞれのマニュアルを確認すること。
 
図6・5 d-sub25ピン(オス)のピン配列
 
表6・7 RS-232Cの特徴
接続可能台数 トーカ1 リスナ1
最長距離 19.2Kbpsで15m
最大データ長 15mで19.2Kbps
信号化 不平衡
論理値1 -5V 最小 -15V 最大
論理値0 5V 最小 15V 最大
入力レベル最小感度 ±3V
出力電流 500mA
 
表6・8 RS-232C(EIA-232)のピンの割り当て
ピン番号 記号 方向 意味
1 FG G 保安用のグラウンド
2 TxD O 送信データ
3 RxD I 受信データ
4 RTS O 送信要求
5 CTS I 送信可能
6 DSR I データ・セット・レディ
7 GND G 信号グラウンド
8 DCD I キャリア検出
15 STCE I 送信信号エレメントタイミング
17 SCR I 受信信号エレメントタイミング
20 DTR O データ端末レディ
22 RI I 被呼表示
24 DCTE O 送信信号エレメントタイミング
 
 あまり使用されることのないピンについては省略した。「記号」欄のアルファベットは通称として用いられている表記である。「方向」はリスナ側からトーカを見たときの入力をI、出力をOとし、Gはグランドを意味する。
 このときリスナをDTE(Data Terminal Equipment)という。DTEに対する機器をDCE(Date Communication Equipment)という。DCEのピン配列は、表6・8のピン配列のうち、2と3、4と5、6と20の内容が入れ替わっている。つまりDTEの2番ピンの出力「送信データ」はDCEの2番ピンでは入力「受信データ」となる。したがって、DTEとDCEを接続する場合は、同じピン番号間を接続したケーブル(ストレートケーブルという)を用いればよい。これらを図6・6にまとめる。
 しかし、トーカのすべてがDCE方式であるとは限らず、DTE方式の場合もある。その場合は、接続ケーブルの2番と3番、4番と5番、6番と20番をクロスさせる。これをクロスケーブル又はリバースケーブルという。
 RS-232C規格でも、複雑な制御を行なう場合を除いて、単なるデータの受信などの場合には9ピン程度で足りることが多い。そのため9ピンのコネクタがEIA-574規格あるいはD-Sub 9ピンとして定められている。9ピンのRS-232Cと言われることもある。DOS/Vパソコンに装備されていることが多い。コネクタの形状を図6・7に、ピンの割り当てを表6・9に示す。
 
図6・6 クロスケーブルとストレートケーブル
 
図6・7 D-sub 9ピン(オス)のピン配列
 
表6・9 EIA-574のピン割り当て
ピン番号 記号 方向 意味
1 DCD I キャリア検出
2 RxD I 受信データ
3 TxD O 送信データ
4 DTR - データ端末レディ
5 GND G 信号グラウンド
6 DSR I データ・セット・レディ
7 RTS O 送信要求
8 CTS I 送信可能
9 RI - 被呼表示


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
246位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
43,428

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
9.船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から