日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


MSC 67/22/Add.1 ANNEX 17
APPENDIX 2(追補)
[300]総トンから[500]総トンの船に対する“ELECTRONIC PLOTTING AIDS”
電子的プロッティング援助装置
1 まえがき
 手による直接プロッティングに対する電子的プロッティング援助装置は、ジャイロ・コンパスあるいは伝送式舶用電子コンパスのいずれかを装備する小型の船に対してもくろまれている。このプロッティング援助装置は、高速船に属する船には適しない。
 
2 動作基準
2.1 電子的プロッティング援助装置は、レーダー表示器上の最低10物標をプロットする手段を与える。
 
2.2 距離範囲の3、6、12浬で物標のプロットができること。
 
2.3 75ktの相対速力までの物標のプロットができること。
 
2.4 観測者がCPA/TCPAの範囲とベクトルの時間長さの調節ができること。
 
2.5 プロットの位置は、承認されたシンボルと附加プロット番号で識別されること。
 
2.6 二つのプロットの間に必要な時間は、30秒以内であること。
 
2.7 2回のプロットが終わると、物標にベクトルが表示されること。これは真ベクトル又は相対ベクトルのいずれかを選択できること。そのベクトル・モードを必ず表示すること。
 
2.8 ベクトルの起点は、表示面上を移動できること。ただし、計算された真針路と真速力による割合と方向を保ったままであること。
 
2.9 プロットの位置を修正できること。
 
2.10 要求に応じて、選択された物標についての次のデータを表示できること。
.1 プロット番号、最終プロットからの経過時間(分)
.2 物標までの現在の距離
.3 物標の現在の方位
.4 物標のCPAにおける予測される距離
.5 CPAまでの予測時間
.6 物標の計算真針路
.7 物標の計算真速力
 選択されたプロットは、承認されたシンボルで明白に識別され、そのプロット・データは、レーダー表示面の外側に表示されること。
 
2.11 10分間更新されないプロットは、注意表示されること。引き続くプロットの時間間隔が15分を超える場合は、そのプロットは終了すること。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
279位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
39,478

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
9.船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から