日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


8・3・5 スキャナモーターカーボンブラシの交換
(1)船首側のスキャナーカバーのボルト
 4ヵ所をソケットレンチ/スパナ及びマイナスドライバーで外す。(図8・6参照)
 
図8・6
 
(2)スキャナーカバーを外す。(図8・7、図8・8参照)
 
図8・7
 
図8・8 スキャナーカバーを開けた状態
 
(3)モーターのゴムカバーを外す。
 右舷側と左舷側にカーボンブラシを押さえているフタ(ねじ)がある。
 作業は片方ずつ行なう。(図89参照)
 
図8・9
 
(4)マイナスドライバーでフタを開ける。(図8・10参照)
 
図8・10
 
(5)古いカーボンブラシを取り出す。(図8・11参照)
 
図8・11
 
(6)新しいカーボンブラシを挿入する。(図8・12参照)
 
図8・12
 
(7)フタを元の通りマイナスドライバーで閉める。(図8・10参照)
(8)反対側も4〜8の手順で作業する。
(9)モーターにゴムカバーをはめる。(図8・9参照)
(10)空中線スキャナー部のスキャナーカバーを4ヵ所のボルトでしっかりと閉める。(図8・6参照)
 
注意
1. 空中線部や送受信部の保守、点検中に電源を入れられると人命にかかわる重大な危険があるので、本船配電盤のレーダーの電源スイッチとレーダー表示器の電源スイッチを断(OFF)にして、表示器操作パネルと空中線マスト下部に〔作業中〕という注意表示をすること。できる限りスキャナモーターのヒューズを抜く等の安全対策を処置しておくこと
2. スキャナーカバーを閉める際は、ソケットレンチ/スパナを使用してボルトが動かなくなるまで閉めること。きつく閉めないとスキャナー部に水が入ってしまい故障の原因となる。
 
8・3・6 主要部品の交換の目安
 主要部品の交換の目安を以下の表8・2に示す。
 
表8・2 主要部品の交換の目安
名称 型式 交換の目安 備考
スキャナモーター  Xバンド用 ギヤー部 風速40m/sの条件にて 
Sバンド用 約10000時間
マグネトロン Xバンド用、10kW用 2000〜3000時間  
Xバンド用、25kW用
Xバンド用、50kW用
Sバンド用、30kW用
Sバンド用、60kW用
カーボンブラシ   約5000時間  
 
練習問題
(問1)マグネトロンを交換するときの注意事項について述べよ。
(問2)MICを交換するときの注意事項について述べよ。
(問3)CRTの保管上の注意事項について述べよ。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
174位
(30,415成果物中)

成果物アクセス数
64,087

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年1月12日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
9.船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から