日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


7・2 主な操作箇所の機能
 (この説明は図7・1・1のレーダー表示器、図7・1・2の表示画面例及び図7・1・3の主操作パネル等に準拠している。)
 主な操作箇所を下記する。大体以下の番号の順で操作する。停止するには[ST-BY/TX]キーで送信を止めてから[電源スイッチ]で電源を切る。丸型CRTを用いて中心から円周に向けてスイープしていた旧型表示器の場合は、停止の手順にCRTの中心部分を焼かないような注意が必要であったが、現在のラスタースキャン方式または液晶の表示器では特に必要はない。
1. [電源スイッチ]―電源をON/OFFする。
 電源スイッチを押せば電源が入り約3分後に画面上に“準備”の表示が現れる。この場合、空中線及び送信系統は動作しない。電源を切るには再度電源スイッチを押す。
2. [ST-BY/TX]―準備と送信を切り換える。
 画面上に“準備”の表示が現れているときに[ST-BY/TX]キーを押すと空中線が回転し送信系統も動作を開始し画面上に映像が現れる。もう一度同じキーを押すと送信が止まり、“準備”になる。
 映像は前回使用したキー設定で現れる。
3. [RANGE]―観測距離範囲を変える。同時に送信パルス幅、繰り返し周期及び固定距離環[RANGE RING]も連動して切り換える。
 固定距離環の表示が不要なときは[RANGE RING]キーを押して消すことができる。(図7・1・4参照
4. [BRILLIANCE]―画面の輝度を調整するつまみである。時計方向に回すと明るくなる。
5. [GAIN]―受信回路の増幅度をコントロールしており、時計方向に回すと感度が高くなる。
6. [A/C RAIN]―雨雪反射抑制(アンチクラッターレイン)
 雨・雪・霧などからの反射による映像を抑制する。映像信号を電気的に微分している。
7. [A/C SEA]―海面反射抑制(アンチクラッターシー)
 自船付近の海面からの反射による映像を抑制する。
8. [A/C AUTO]―このキーを押すと海面反射と雨雪反射を自動的に抑制する。
*[GAIN]、[A/C RAIN]及び[A/C SEA]を反時計方向一杯に回した状態で[BRILL]を時計方向に回してスイープがわずかに見えるように調整する。その後[GAIN]を時計方向に回してノイズが出始める位置に調整する。目的の映像が見やすくなるように適宜[A/C RAIN]及び[A/C SEA]を調整する。
9. [EBL]―物標までの方位を電子的に測定する[電子カーソル]である。固定方位目盛(BEARING)に対して[EBL]は可変式のものである。
 [ON]または[OFF]スイッチでON/OFFし、[電子カーソル]つまみで物標にカーソルを合わせて、方位を読み取る。
10. [VRM]―物標までの距離を電子的に測定する[可変距離環]である。固定距離環[RANGE RING]に対して[VRM]は可変式のものである。
 [ON]または[OFF]スイッチでON/OFFし、[可変距離環]つまみで物標に可変距離マーカを合わせて、距離を読み取る。
11. [トラックボール]―十字カーソルを動かし各種の測定をする。
捕捉キー[ACQ]と併用して物標の捕捉にも用いられる。
12. [FUNCTION]―あらかじめ登録された最適設定を呼び出す機能キーである。
13. [AUDIO OFF]―各種警報音を停止させる。
 
7・3 レーダー映像の調整
 レーダー映像を最良の状態で観測するためには、適正な調整が必要である。ここでは各種レーダーに共通な最低限必要な調整つまみと調整の際の注意事項を述べる。
1. 同調(TUNE)
 大切な調整箇所で、この調整により感度が左右される。てきるだけ遠方の物標で行い最も映像が鮮明になるように調整する。なお、自動同調機能を持つレーダーは特に調整は必要ないが、自動同調でうまく同調が取れないときは、手動に切り換えて調整する。(図7・1・5参照
2. 感度(GAIN)
 遠方の物標を観測する場合は、時計方向につまみを回してノイズがわずかに出る位置がよいが、比較的近距離の物標で、反射が強い場合や、物標が密着しているようなときは、多少GAINを下げると、映像が鮮明になり見やすくなる。ただ、近距離の物標でも反射の弱い物標は出にくくなるので注意して操作する必要がある。
3. 海面反射抑制(A/C SEA: アンチクラッターシー)
 以前はSTCと呼ばれていたものである。波浪による反射がある場合、つまみを時計方向に回していくと近距離の感度が下がり、海面反射は消える。しかし、このとき海面反射と同じ強度の物標の映像も消えてしまうので、A/C SEAを操作するときは注意が必要である。
4. 輝度(BRILLIANCEまたはINTENSITY)
 表示器の輝度(明るさ)は通常ノイズが見え始める程度に調整する。輝度を上げすぎると映像が不鮮明になり、かえって見づらくなる。
5. 雨雪反射抑制(A/C RAIN: アンチクラッターレイン)
 以前はFTCと呼ばれていたものである。主に雨雪の反射除去に使用するが、近接した輪郭のはっきりしない映像にも効果がある。しかし弱い映像は出にくくなるので注意が必要である。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
174位
(30,415成果物中)

成果物アクセス数
64,087

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年1月12日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
9.船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から