日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 国防.軍事 > 成果物情報

平成16年度海上におけるセキュリティ対策調査研究報告書

 事業名 海上におけるセキュリティ対策の調査研究
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


[資料25]
シンガポール当局(MPA)との合同テロ訓練 〔2004/9/16〕
■参加者/機関
(1)[本船]LNGジャマル(日本籍船)
(2)[NYK対策本部(東京CMC)]
安全環境G、エネルギー船管理G、LNGG、技術G
(3)[NYK現地ERT(SEMCサテライト:シンガポールNYKSM社内CMC)]
NYKSM、NYK LINE(ASIA)
(4)[MPA(シンガポール当局対策本部)]
Maritime and Port Authority of Singapore
 
(シンガポール当局)
(5)[PCG]Police Coast Guard
(6)[ICA]Immigration and Checkpoints Authority
(7)[RSN]Republic of Singapore Navy
(8)[AETOS]Aetos auxiliary police Force
 
(その他)
(9)[PSAC]PSA corporation
(10)[SHELL]Shell Eastern Petroleum Pte Ltd
(11)[日本大使館]在シンガポール日本大使館
 
巡視艇 5隻
総勢 90名
 
(拡大画面:54KB)
 
■訓練背景
・マラッカ・シンガポール海峡における船舶の安全確保 及び 保安活動の一環としてMPA当局との合同訓練を計画
・NYKSM社及びNYK LINE(ASIA)社を窓口にMPAと交渉を重ね、当局の全面協力を得て実現
 
 当初、NYKSM管理の大型コンテナ船での訓練を計画していたが、スケジュールが合わず、急遽LNG船での実施となった。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
647位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
14,970

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.平成16年度国際的海上保安業務能力向上の推進事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から