日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船絵馬入門

 事業名 海事科学知識の普及啓蒙活動
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


 遅くも明治二〇年代には常苫を常設する船が現れる。瀬越(加賀市大聖寺瀬越町)の北前船主大家家の持船両徳丸もそうした一艘であった。常苫を常設するなら、当然、帆柱の後ろに大渡、横道の後ろに脇廻を張ったことは容易に想像がつこう。そこで、現在、船の科学館に展示されている両徳丸の見事な雛形で大渡と背廻の位置を確認すると、確かに帆柱の後ろには大渡が張られているのに、意外にも横道の後ろに背廻はなく、鐶が打たれているにすぎない。
 では、鐶の用途は何か。幸いなことに、雛形の原状の分る写真が残されている。明治四三年(一九一〇)に逓信省管船局の刊行した『日本海運図史』に載る「第五十 新式日本形船」(図120)がそれで、帆足を数本まとめて鐶に結わえているから、鐶は背廻の代用と知れよう。脇廻の代用の鐶がどの程度普及したかはわからないが、いずれにせよ、常苫を常設する船では積荷の有無にかかわらず帆柱の後ろが大渡の定位置となったわけである。
 従来、脇廻の存在に気づかず、帆柱の後ろの綱をもって大渡としてきたのは、帆をあげて、帆柱の後ろに張った一房の綱に帆足を取る雛形を眼にする機会に事欠かなかったからである。しかし、こうした雛形のほとんどは常苫を葺く文化・文政期(一八〇四〜一八二九)以降の製作であり、しかも常苫を葺いて追風で走る姿を想定して作られていることを想えば、一房の綱しか張っていなくとも何ら異とするには及ぶまい。もとより、帆柱の後ろの綱が大渡であるのは常苫を常設する船に限られる。
 
図116 明治21年(1888)の1500石積弁才船の図 
F.E.Paris, Souvenirs de Marine, vol.6より
 
図117 常苫と蛇腹垣
 
図118 帆装の図 『今西氏家舶縄墨私記』より







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
380位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
26,744

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.企画展「写真で振り返る船の科学館の30年」ポスター
2.企画展「世界のロイヤルヨット今昔物語」ポスター
3.企画展「船を造る?葦船と木造カヌー?」報告書
4.企画展「船を造る?葦船と木造カヌー?」ポスター
5.企画展「船と祭り」ポスター
6.企画展「小笠原へ行こう!」ポスター
7.企画展「世界のロイヤルヨット今昔物語」報告書
8.企画展「船と祭り」報告書
9.企画展「小笠原へ行こう!」報告書
10.船の科学館開館30周年記念 海・船セミナー2004 この人海と船を語る 講演録
11.戦前日本の最優秀客船 新田丸
12.造研概要2004
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から