日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船絵馬入門

 事業名 海事科学知識の普及啓蒙活動
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


図44
 
明治20年(1887)の絵馬籐筆の難船絵馬 福浦の金刀比羅神社蔵
 
 こうした驚異的な絵馬籐の進出の前にほぼ同時期にスタートした新興派の吉川派も対抗できず、明治初年には姿を消してしまい、吉村派と同系の平井派がわずかに残った。これは吉村派が明治初年から船体の版画化に転向するとともに、絵馬籐にはないリアルな作品を売り出していたからにほかならない。吉村派の船体描写は、既述のように大和屋派のよさを継承しているふしもあり、それが一部の人々に受け入れられる要素だったような気がする。げんに明治時代の吉村派と絵馬籐の作品を比べてみると、それがはっきりする(図48〜51)。
 ただ、吉村重助は自信作以外に落款を入れなかったらしく、大半は無落款物で、明治時代でも落款入りはわずか数点を数えるにすぎない。たとえば、明治一九年(一八八六)に河野村(福井県中条郡)の八幡(やはた)神社に奉納された絵馬(図52)はその一つである。船乗りは、住吉・伊勢・金毘羅などの多様な神仏ばかりでなく、船体に船玉を納めるだけに、船玉神にも航海の安全を祈願した。この絵馬は左上に住吉神を具現した古武士を、右上に船玉神を具現した女神を描いていて他に類例がない。面白いのは、明治三〇年頃に同じ河野村の磯前神社に奉納された大絵馬(図53)である。落款にわざわざ「絵馬商 吉村重助画」と入れているのは、かつての絵馬師という気概が明治時代の半ばともなると消えてしまったということなのだろうか。なお、落款物にもかかわらず、いずれの絵馬にもなぜか奉納者が明記されていない。
 
図45
 
明治23年(1890)の絵馬籐筆のブリガンチンの絵馬 河野村の磯前神社蔵
 
図46
 
明治15年(1882)の絵馬籐派のイサバ船の絵馬 引田町の山王宮蔵
 
図47
 
明治22年(1889)の絵馬籐筆のダンベイ船の絵馬 周参見町の王子神社蔵







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
372位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
28,027

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.企画展「写真で振り返る船の科学館の30年」ポスター
2.企画展「世界のロイヤルヨット今昔物語」ポスター
3.企画展「船を造る?葦船と木造カヌー?」報告書
4.企画展「船を造る?葦船と木造カヌー?」ポスター
5.企画展「船と祭り」ポスター
6.企画展「小笠原へ行こう!」ポスター
7.企画展「世界のロイヤルヨット今昔物語」報告書
8.企画展「船と祭り」報告書
9.企画展「小笠原へ行こう!」報告書
10.船の科学館開館30周年記念 海・船セミナー2004 この人海と船を語る 講演録
11.戦前日本の最優秀客船 新田丸
12.造研概要2004
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から