日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

戦前日本の最優秀客船 新田丸

 事業名 海事科学知識の普及啓蒙活動
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


“新田丸(にったまる)”を知っていますか?
 “新田丸”という船を知っていますか?
 今から70年程前、欧州(おうしゅう)(ヨーロッパ)航路に就航する外航客船として、太平洋戦争前のわが国の最新技術を結集して、昭和15年(1940)3月に完成した当時の最優秀客船です。
 それまで、とかく欧米に頼ってきた客船建造技術、鋼材、艤装(ぎそう)品、家具調度(ちょうど)品などのほぼすべてを国産化、世界で初めて一等客室の全室に冷暖房を完備するとともに、船内装飾を現代日本様式とも言うべき独自のものにするなど、欧米の一流客船に負けない外航客船として完成させました。
 この“新田丸”、ドイツ軍がポーランド侵攻を開始して欧州で第二次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)したことにより欧州航路に就航することができず、太平洋航路に就き(つき)ますが程なく海軍に徴用(ちょうよう)、後に買収(ばいしゅう)されて改造の後“冲鷹(ちゅうよう)”という航空母艦に生まれ変わりました。戦時下、前線への飛行機輸送などに使われましたが、完成からわずか3年9カ月後の昭和18年(1943)12月、魚雷攻撃で沈没し短い生涯を閉じてしまいます。
 短命だったとはいえ戦前日本の最優秀客船だった“新田丸”のすべてを、一緒に探ってみることにしましょう!
 
“新田丸”(縮尺1/50)精密模型のブリッジ付近をクローズアップしたところ
 
船内装飾には、現代日本様式とも呼べる「和」のデザインを大幅に取り入れた(特別室)
 
“新田丸”の精密模型
(縮尺1/50)
 
 昭和15年(1940)3月、竣工時の“新田丸”の姿を忠実に再現した縮尺1/50の精密模型です。
 戦前に建造された艦船の竣工模型を多く手がけた、籾山(もみやま)艦船模型製作所の作品で、実船が失われているのでこの精密模型が“新田丸”の姿を今日に伝える最も貴重な資料といえます。
 この模型は、東京丸の内の日本郵船本社ビルのロビーに置かれていたもので、船の科学館の建設に際して昭和48年(1973)4月同社より寄贈していただいたものです。
所蔵:船の科学館


目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
173位
(29,129成果物中)

成果物アクセス数
61,005

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月16日

関連する他の成果物

1.企画展「写真で振り返る船の科学館の30年」ポスター
2.企画展「世界のロイヤルヨット今昔物語」ポスター
3.企画展「船を造る?葦船と木造カヌー?」報告書
4.企画展「船を造る?葦船と木造カヌー?」ポスター
5.企画展「船と祭り」ポスター
6.企画展「小笠原へ行こう!」ポスター
7.企画展「世界のロイヤルヨット今昔物語」報告書
8.企画展「船と祭り」報告書
9.企画展「小笠原へ行こう!」報告書
10.船の科学館開館30周年記念 海・船セミナー2004 この人海と船を語る 講演録
11.船絵馬入門
12.造研概要2004
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から