日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > 諸芸.娯楽 > 成果物情報

2004年度 早稲田大学国際教養学部 寄付講座 報告書 「マンガとアニメ:日本文化・社会の表現」

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団 注目度注目度5


マンガ家の仕事
 
藤田和日郎(マンガ家)
『うしおととら』、『からくりサーカス』等多数。
 
 
有井大志(小学館『少年サンデー』編集者)
 
いかにしてマンガ家になったか
 
 森川――最初に私から若干の質問をさせていただきます。まず、藤田先生は、どうしてマンガ家になられたのでしょうか。
 
 藤田――大学卒業後アルバイトをして、あさりよしとお先生のもとでアシスタントをしながら小学館に持ち込みをしていました。一番最初に持ち込んだのは、32ページの読み切り形式の『連絡船奇譚』でした。雑誌の持ち込み規定に従って、予約の電話を入れて、自分の描いたマンガを持っていって、編集さんに見てもらいました。そのマンガが何かの賞の佳作に選ばれたので担当さんがついたのです。
 
 森川――マンガ家は、そんなに直線的になれるものでしょうか。
 
 藤田――まず出版社に原稿を持ち込まないとマンガ家にはなれません。最初に見よう見まねで描いたマンガを持って小学館の門をたたくと、「君のはちょっといいから、次にできたらまた持ってきてください」と言われる。これは、大学ノートに描いたネームを持ってこいという意味ですが、それで持っていくと、いろいろ言われて、また直す。そんなふうに、編集さんと顔をつき合わせて、自分の描いたマンガについて話し合う中からポイントなどを教えてもらいます。そんなことが何回か続いてから、ペン入れするように言われるのです。それが『うしおととら』ですが、それまでに2年か3年かかっています。
 
編集者とは対等の立場
 
 森川――私たちには、マンガ家の先生と編集者との関係はわかりません。漠然とですが、編集者がマンガ家の家のリビングルームでじっと作品ができるのを待っていて、「期限がきているので、ぜひ早く!」と土下座をせんばかりにお願いをしているようなイメージがあるのですが。(笑)
 
 藤田――マンガ家といってもピンからキリまでありますよね。自分は、マンガ家になって14、5年の中堅と言われるあたりですが、編集さんが土下座せんばかりに待っていることはまったくありません。編集者とマンガ家は五分五分で仕事を進めていくもので、対等なコミュニケーションの中からマンガはつくられていくものだと思います。
 物語を紙に描いているだけですから、話し合いはほとんど想像できるようなものだと思います。この登場人物はおもしろくないね。だったらどういうふうにしたら、おもしろくつくれるかな。ちょっと弱いところをつくってみようか。強いところをつくってみようか。強いのは格闘が強いようにしよう。弱いのは精神的に潔癖症なところをつくってみよう。そんなふうに具体的に話すのに、いちいち立場が上だ下だとは言っていられません。
 
 森川――有井さんの立場からみて、藤田先生と一緒に仕事をしていて、楽しいこと、辛いことは何ですか。
 
 有井――「次に何を描けばいいですか」と言ってくるような作家さんの場合は苦労することもありますが、藤田先生は描きたいことが頭のなかにたくさん詰まっている方ですので、むしろ「この順番で出していったら伝わりやすいのではないですか」とか「どれかに絞りませんか」といったことを話し合いながらストーリーをつくっていきます。ですから、藤田先生との打ち合わせは、とても楽しいですね。夜中の12時ぐらいに話し始めて、3時間、4時間、あるいは5時間ぐらい話すときもあります。
 
 藤田――ささいなことで長くなったりしますね。この間は、コインの裏表で敵が勝ったら主人公を攻撃するというところで、主人公はコインが落ちる前にパンチを入れてしまうという場面があったのですが、そこが納得できないと。敵は大きくて強く、主人公は小さな女性なのですが、ルールを破って敵にパンチを入れて勝ってしまうのは、主人公らしからぬではないかというので、2時間ぐらい話しました。私は、弱い女性だから、不意討ちで勝つのもいいだろうと思ったのですが、有井さんは、そういうやり方はズルをしているように見られてしまうから、少年マンガの主人公としてはふさわしくない、というのです。
 
マンガ家の収入は不安定
 
 森川――先生のような中堅の売れっ子マンガ家さんの年収はどのくらいでしょうか。
 
 藤田――参考までに。新人の増刊号の買い取り原稿は1ページ6,000円から8,000円で、32ページが最小単位なので、源泉徴収されて20万円から25万円ぐらいになります。しかし、それを2、3ヶ月かけて描くわけですから、たいした金額にはなりません。売れている人になると、1ページ1万円から1万5,000円。週刊連載なら18ページですから、月に104万円ぐらいになります。しかし、アシスタントを3、4人使って、1人15万円から20万円払って、食事代や画材費を引いた儲けは、10万から20万円です。一番重要なのはコミックスです。コミックスでは定価の1割が入ってきますから、掛ける発行部数が収入です。発行部数はまちまちで、8,000部からという話も聞いたことがあるし、大手出版社なら最低2万部からになります。たとえば2万5,000部発行したら90万円ぐらいになります。
 あまりいないと思いますが、売れる人なら100万部いくでしょうから、そうなると単行本を1冊出すごとに3,000万から4,000万円入ってきて、それが週刊連載ペースだと1年に5冊出ます。ただし、半分ぐらいは税金に取られるらしいです。さらに、アニメ化原作料やグッズ販売からも入っていると思います。ちなみに私は、アニメ化されていませんし、発行部数もそんなに多くありません。
 その仕事で食べていける人と食べていけない人の差は、どの職種でも同じではないかと思いますが、マンガ家を目指すより別の商売をめざしたほうが安定していると思いますよ。税理士さんから聞いたのですが、変動所得の計算は、海苔・カキ・ハマチの養殖と、原稿料・印税は同じだそうです。海苔・カキ・ハマチは天候に左右されるからですが、原稿料は天候には左右されないものの、そのぐらい変動するからです。まったく収入がないこともありますから。週刊連載がないとちょっときついかもしれません。単行本が売れるようなマンガを描くことができればいいと思います。
 
 学生――『うしおととら』のファミコンゲームでは、いくらぐらい入ったんですか。
 
 藤田――1本につき何%ということだったか、あれは原作料で一括だったかもしれない。アニメ化した場合、ゲームなども一括で入ってくるので、それぞれいくら入ったか、わかりづらいシステムになっているんです。
 
■ デビューは得意技で
 
学生――持ち込み時代やアシスタント時代に、外からはわかりにくいエピソードがあったらお聞かせいただきたいのですが。
 
 藤田――アシスタント時代は何もわからなくて、迷惑をかけていました。1コマの背景を描くのに3時間もかかったりして、これはコストパフォーマンス的によろしくないわけですよ。でも、マンガを描くということ、締め切りに間にあわせることがどれだけ大切かといったことは習いました。また、あさり先生の周りにいるマンガ家さんや、持ち込んでいる人たちを見て、「こういうような生き方をしたいな」「こういうのはいやだな」ということも勉強できました。一番いやだったのは、「あそこの出版社でこういう失敬なことをされたよ」とか「こんなきついことを言われた」などと悪口ばかり言う人たちで、こんな人たちといたら俺のモチベーションが下がると、逆に心に炎が入ったというか、エネルギーにはなりましたね。
 
 森川――藤田先生のアシスタントから有名になったマンガ家さんもたくさんいらっしやいますね。
 
 藤田――『金色のガッシュ!!』の雷句誠、『美鳥の日々』の井上和郎、『メル』の安西信行は、皆うちから出て何とか食べられるようになったのです。最初はものすごく低いレベルだったのがだんだんと実力をつけていって、今や週刊連載をやっているのを見ると、ちょっとおもしろいです。
 
 学生――先生の『うしおととら』は妖怪がたくさん出てきますけれど、先生が妖怪を題材にしようと思ったきっかけを、ぜひ伺いたいのですが。
 
 藤田――妖怪が大好きだったからです。『3枚のおふだ』とか超常現象を扱った童話が大好きだったのです。昔話の基本に妖怪がありますが、その「モンスター」と言ってしまったら大切なところがこそげ落ちてしまうようなニュアンスが好きなのです。
 マンガ家にデビューするためには、自分にはこういう引き出しもあるというのではなく、まずは一番の得意技で全力で行かなければだめだと思ったので、妖怪ものにしたんですよ。実はスポーツもので描いたネームもあったのですが、好きさが足りないので情熱が編集者に伝わらないんですね。河合克敏先生は『帯をギュッとね!』でデビューしていますが、やはり得意技ですよね。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
372位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
24,689

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.東京財団研究報告書2004-13 「病児保育問題と小児救急医療問題の同時解決を図る社会起業モデル−子ども護るまちづくりモデル『フローレンス』−」
2.東京財団研究報告書2004-14 「デジタル観光戦争の勃発 4200万人を呼び込む京都の観光資源の秘密」
3.東京財団研究報告書2004-15 「韓国民の意識変化と日韓交流協力促進への提言」
4.東京財団研究報告書2004-16 「朝鮮半島情勢の中長期展望と日本」
5.マニフェスト−コラム・ア・ラ・カルト−市民起点の政治にかえる優れモノの研究物語−
6.東京財団研究報告所「朝鮮半島情勢の中長期展望と日本」研究プロジェクト
7.緊急政策提言「新防衛大綱策定に対する18の提言」
8.緊急政策提言「米軍再編と日本の対応」
9.「インド最前線」
10.「中東TODAY」
11.「イスラム圏リポート」
12.2004 SYLFF賞 贈呈式 SYLEFF Prize Award Ceremony
13.The SYLFF Prize 2004
14.東京財団「アジア太平洋島国連携・海に生きるアジア島国フォーラム」(アジア太平洋島国連携研究プロジェクト)2004年度研究報告書
15.異文化理解教室
16.新規範発見塾レクチャーメモ vol.18?vol.21
17.2004年度マンガ・アニメ日本研究事業 マンガアニメ情報新聞”Super Cool”
18.2004年度地域文化シンポジウム報告書(第5回シンポジウムしゅうなん'04、第6回シンポジウムかなざわ'04)
19.2004年度マンガ・アニメ日本研究事業(想像力・精神力の豊かな新しい人材、才能の発掘・育成)小松川高校マンガ・ワークショップ報告書
20.東京国際アニメフェア2005 第3回アニメーション感想文(評論文)コンテスト「日本の感性は観客によって磨かれる!」
21.「外国人招聘事業」報告書
22.新しい日本の安全保障を考える
23.北朝鮮問題を整理する5ファイル
24.2003年度年次報告書
25.2003 ANNUAL REPORT
26.東京財団レポート 第6号
27.東京財団レポート 第7号
28.東京財団レポート 第8号
29.「東京財団政策研究シリーズ「政治不信の構造−『代表制の危機』を克服するために」
30.SYLFF Newsletter No.9
31.SYLFF Newsletter No.10
32.SYLFF Newsletter No.11
33.奨学事業部 事業紹介
34.「イラクの子どもたちに毛布をおくる運動」報告書
35.東京財団研究報告書2004-9 「人権と安全保障:有事法制度の整備に向けて」
36.東京財団研究報告書2004-10 「日本の対外情報発信の現状と改革」
37.東京財団研究報告書2004-11 「現代インドの実態研究」
38.東京財団研究報告書2004-12 「政治制度改革と議員意識改革」
39.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」―第7回“パソコンでマンガを描こう! 日本の絵筆が世界標準! デジタルコミック展開!”―
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から