日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2005/03/06 朝日新聞朝刊
(社説)全人代 強い中国、悩める中国
 
 今年1月、北京の病院で13億人目の国民となる赤ちゃんが生まれた。10年間で1億人の増加である。GDPも世界で第7位。英国を抜く日も近い。1人あたり平均でも千ドルを超えた。
 今年の国防費は、政府発表で前年比16%増の約3兆2千億円になる。
 人口も経済も軍事予算も急速に膨張する中国。その行方を世界が見守るなかで、今年も国会にあたる全国人民代表大会が始まった。
 温家宝首相が発表した今年の成長目標は「8%前後」だ。経済の過熱が心配された昨年の9.5%より抑えたとはいえ、相当に高い水準である。家計を底上げし、900万の新規雇用を確保するには、これくらいの速い成長が必要だということだろう。
 同時に、温首相の演説には、急速な発展がもたらす社会の様々なひずみへの危機感、警戒感もにじんでいた。
 何より、都市と農村の格差の広がりだ。不満を募らせている農民たちから重税をとったり、地方の官庁が開発のためにと耕地を取り上げたりしたため、各地で暴動が起きるようになった。
 エネルギー不足も深刻だ。停電が増え、工場が操業の短縮に追い込まれる例も目立ってきた。何とかしなければと、公害対策のない石炭火力発電所が次々につくられ、炭鉱はしゃにむに増産する。その結果、大気汚染はひどくなり、炭坑事故が続発する。昨年は6千人以上の炭坑労働者が命を落とした。
 上海や北京の目抜き通りに象徴される華やかな中国、「世界の工場」と言われるまでになった中国を支えているのは、実はそんな現実である。
 温首相は農民の税負担を減らすことや、省エネの循環型社会をつくる方針を表明した。国民の不満を抑えて社会を安定させるには、豊かにならねばならない。だが、そうしようとすると、あちこちで矛盾が表面化する。胡錦涛政権は庶民の声を大切にする「親民政治」や「調和ある発展」を掲げるが、その道は容易ではあるまい。
 中国の石油不足が世界の原油価格を押し上げている。人民元の切り上げ問題は国際市場の重大関心事だ。中国の大気汚染は日本にも影響する。中国経済をいかに安定させるかが、いよいよ世界の問題ともなってきたということだろう。
 今年の大会のもうひとつの焦点は「反国家分裂法」の採択だ。内容はまだ公表されていないが、台湾の独立は認めないという強い意思を示すための法律で、台湾を牽制(けんせい)する狙いである。
 だが、昨年末の台湾立法院選挙では急進的な独立志向にブレーキがかかり、今年の旧正月に中台双方からの直行便が飛んだばかりだ。中台対話の再開への道をふさぎかねない動きは心配だ。
 台湾問題は原則問題だということは分かる。だが、中国自身の多難な経済、社会を思えば、台湾海峡を緊張させることが利益となるはずはない。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
61位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
155,645

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から