日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2004/12/01 朝日新聞朝刊
(社説)対中ODA 終わらせ方が大事だ
 
 日本が四半世紀にわたって続けてきた中国向けの途上国援助(ODA)に、幕を引く時が近づいたようだ。
 小泉首相が滞在先のビエンチャンで、「卒業の時期を迎えているのではないか」と語り、近い将来に廃止する考えを示した。その首相と会談した中国の温家宝首相も「日本の円借款は中国の経済建設に大きく貢献した」と評価したうえで「適切な形で処理していくことが望ましい」と表明した。
 日本や米欧から投資を呼び込みながら、中国経済はすさまじい速さで成長している。その勢いは日本の景気回復を大いに助けてもいる。高層ビルが林立する上海にはリニアモーターカーが走り、ソ連、米国に次ぐ3番目の有人宇宙飛行にも成功した。軍備の近代化も続く。
 もっとも、国民1人あたりの国内総生産は、平均すればまだ千ドル程度だ。それでも、中国の発展の歩みを考えれば、従来続けてきたようなODAに区切りをつけることを考える時期が来たと思う。
 対中ODAが始まったのは、日中平和友好条約が締結された翌年の1979年だ。中国が改革開放を打ち出したのを受けて、その支援を目的に掲げた。
 中国は日本との国交正常化にあたって、日本の侵略戦争に対する賠償を求めなかった。対中ODAがそれに代わる性格を帯びていたことも事実である。
 円借款の昨年までの累積額は約3兆円という巨額にのぼる。ほかに無償協力や技術協力が計約3千億円ある。
 借款は鉄道や道路といったインフラの建設に使われ、その後の中国の発展の土台となり、改革開放を下支えした。
 経済援助は、相手国が自力をつけてくればやめたり、他の分野や他の国に振り向けたりするのが当たり前だ。
 ところが、日中にとって不幸なのは、その廃止問題が中国脅威論と絡んで自民党内から主張されてきたことだ。「援助は結果的に軍備増強を助ける」「援助を受けていながら他の国を援助して影響力を強めようとしている」等々である。
 中国側も反発した。円借款の金は、低利だが利子もつけて返してきた。決してもらったわけではないし、ありがたいと思ってもいる。それを、援助してやっているのだから何でも思い通りにしろと言わんばかりなのはおかしい。
 小泉首相の靖国神社参拝やサッカーのアジア杯騒動、中国原潜の領海侵犯など両国の国民感情を刺激する材料に事欠かない。そんな時だからこそ、この問題を新たな摩擦の種にしてはならない。
 借款の規模はすでに減り、日本にも影響する環境対策や、交流で日本を知る中国人を育成するような事業に重点は移っている。これらは続けるべきだろう。
 日本政府は中国の人々の誤解を受けないよう配慮し、中国には日本のODAの果たした役割を国民に説いてもらいたい。そんな信頼関係の下で、援助をしたりされたりの段階ではなくなった新しい関係づくりに踏み出してほしい。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
60位
(28,756成果物中)

成果物アクセス数
155,596

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月29日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から