日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1999/10/02 朝日新聞朝刊
(社説)中国とどう向き合うか 建国50周年
 
 雨上がりの北京・長安街に、戦車や大陸間弾道ミサイルが登場し、上空を最新鋭戦闘機の編隊が飛んだ。
 中国は一日、建国五十周年の国慶節を盛大に祝った。
 軍事パレードは十五年ぶりである。毛沢東主席の時代、毎年催されていたが、やがて自然災害や文化大革命で中断される。
 その後、トウ小平氏の時代の一九八四年に復活した。五年ごとに催す予定だったが、天安門事件の影響で再び中止された。パレードの変遷は中国の歩みを映している。
 パレードを閲兵したのは、党、国家、軍の頂点に立つ江沢民主席だ。毛氏、トウ氏と並んで江氏の巨大な肖像画も現れた。江時代が始まったことを象徴している。
 大がかりな軍事パレードには、ユーゴスラビアの中国大使館爆撃事件で高まった愛国主義を反映し、米国の一極支配への対抗力を誇示する意図がうかがえる。台湾の李登輝総統が打ち出した「二つの国」論をけん制する狙いもあろう。
 中国の軍事力の増大や愛国主義の高まりは、周辺諸国の警戒心を呼び起こす。核兵器や弾道ミサイルをもつ中国の軍事大国化は、日中関係にとっても、アジアの安定にとっても、マイナスである。
 だからといって、いたずらに「中国脅威論」を振りまくことは、この地域の緊張をあおりかねない。
 重要なのは、中国が、国際的な秩序づくりや貿易を発展させる枠組みに、責任ある一員として加わることである。
 中国を過大視したり、逆に「巨大なる途上国」と見下したりすべきではない。実情をあるがままに見つめ、冷静に向き合うことが大切だ。
 過去五十年間の中国を振り返れば、政治は大きな起伏を繰り返したものの、経済は目覚ましく発展した。
 建国から約三十年間は年平均ほぼ七%で成長し、改革・開放政策以来の二十年間は年率約九・七%の急成長を遂げた。
 中国は確かに豊かになった。鉄鋼、石炭、セメント、テレビ、穀物、綿花、肉類などの生産量は、いまや世界一である。
 今年の日中貿易は六百億ドルの大台を回復しそうだ。日本からの投資は今年上半期、前年比四八%(実行ベース)も増加し、日中経済は一層深く結びついている。
 しかし、最近になって、経済の構造的な問題点が目立ってきた。成長の鈍化に加えて、沿岸部と内陸部の地域格差拡大、国有企業のリストラが生んだ失業者の増大などである。
 食糧も楽観できない。建国時に五億四千万だった人口は、十二億を超えた。二〇三〇年には十六億人に達する。今より約一億五千万トンの食糧増産が必要になる。
 産業の発展、エネルギー使用の増加とともに、公害も深刻になっている。二酸化炭素や硫黄酸化物の排出量は世界一、二位を争う。
 地球の将来は、中国を抜きにしては語れない。成長する隣国の巨大さがもたらす地球規模の問題こそ、本当の意味で「脅威」になると認識すべきだ。
 経済改革には、政府が進める政策についての人々の理解や支持が欠かせない。それには、民意をもっと政治に反映させる仕組みが必要だ。
 経済と政治は車の両輪である。中国の安定的な発展は、次の世紀の日本にとってますます大事になる。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
60位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
155,463

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から