日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1994/05/28 朝日新聞朝刊
(社説)苦しい選択、人権か市場か
 
 毎年この時期に、人権とからめて更新の是非が問題となる米国の対中最恵国待遇(MFN)について、クリントン米大統領は、今後は人権とMFNは切り離し、事実上無条件で更新すると発表した。高度成長を続ける中国の市場の魅力が、人権への関心を上回ったのであろうか。人権外交を推し進めてきたクリントン政権の苦渋に満ちた選択であった。
 もともとMFNとは、通商、関税などについて、第三国に比べ不利にならない待遇を与えることである。米国は中国と国交正常化後、自動的にこれを更新してきた。だが、八九年の天安門事件で米議会は、人権問題の改善を条件に更新を議決したが、ブッシュ大統領はこれを拒否した。
 ブッシュ政権の対中政策を批判して登場したクリントン大統領は、昨年の更新の際、人権改善について七項目の条件を付けた。それは(1)出国の自由促進(2)受刑者労働による製品の輸出禁止合意の順守――などで、これに顕著な進展が見られなければ次の更新はしないことになっていた。
 これに対し中国は、数人の民主活動家の出国を認めたり、刑務所の視察を許したり、わずかばかりの譲歩はしたものの、三月のクリストファー米国務長官の訪中に合わせ、民主活動家を拘束するなど、強硬姿勢を崩さなかった。それには、中国の経済が好調で、西欧や日本が相次いで中国市場へ参入しているという背景があった。
 米国のビジネス界には「このままでは、米国だけが後れを取る」という危機感が高まった。MFNを更新しなければ、将来、中国の民主化を担う中産階級が育たない、という声も大きくなって来た。
 人権か市場か――クリントン政権は板ばさみとなった。そのうえ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核疑惑では、中国の協力が不可欠だ。だから人権の改善は不十分と認めつつ、「長期的な人権改善」のためとして、MFNの更新を選択した。
 MFNを人権とストレートに結びつけて、二者択一を性急に迫る米国のやり方に、かねてから疑問の声が出ていた。MFNは経済の問題であり、更新しなければ米中双方に損害が出る。
 なるほど人権は普遍的な価値であり、米国の目指す方向は十分評価されて良い。しかし、その国、その地域の人権状況は、それぞれの歴史や文化、宗教などと深く結びついている。アジアの人権状況の改善は、時間をかけて、さまざまな方法で進めるほかはあるまい。
 最近の米国の対アジア外交に対しては、相手国の事情を深く考えず、米国の主張を押しつけて反発を買うケースが多い。むち打ち刑をめぐるシンガポールとの軋轢(あつれき)、労働問題と通商問題を結びつけることに対する東南アジア諸国連合(ASEAN)の反発などだ。米政権内部にも、アジア政策を批判する意見も出ている。
 米国は人権外交の進め方を現実路線に転換した。今後、米国のアジア外交全般の見直しが始まるとすれば、米国とアジア諸国との関係は改善に向かうだろう。
 一方、中国はこれで人権問題が片づいたと思ってもらっては困る。経済の高度成長のかげで、人々の人権は依然厳しい制約の下に置かれている。人々の生活に余裕が生まれれば、それに見合う政治的要求が出てくるのは当然なのに、政治の民主化はいっこうに進んでいない。
 今後、中国が「外圧」ではなく、内部からいかに人権状況を改善するか。それが中国の将来につながっている。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
60位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
155,403

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から