日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1991/07/02 朝日新聞朝刊
中国共産党70年 党員、増え続け5000万人
 
 【北京1日=堀江義人】中国共産党は1日、創立70周年を迎え、人民大会堂で盛大な祝賀集会を開いた。ロシア革命の影響を受け、わずか50人余で発足した党は党員5000万人を超える世界最大の共産党に発展した。社会主義勢力退潮の中で同党は「社会主義こそが中国を救える」とあくまで現体制を堅持する構えで、外には近代化への環境づくりとして善隣外交を進め、内では資本主義勢力による「平和的転覆」との闘争をはじめ思想教育を徹底させている。しかし、こうした外柔内剛路線はそれ自体が矛盾をはらんでおり、前途は多難といえる。
 最近の党機関紙・人民日報は「党の隊列は改革開放の中でも大きな発展を遂げた」との見出しで党員が5032万人に達したことを報じた。昨年暮れ現在、なお1080万人が入党申請していると強調している。
 中国は今、国をあげて「平和的転覆」に反対するキャンペーンを展開中だ。
 1日付人民日報の記念社説は「世界の社会主義事業が厳しい挫折に直面し、国際敵対勢力は社会主義国家への平和的転覆活動を強めている」と指摘、内外の敵対勢力と闘う「鋼鉄の長城」を築こうと訴えた。
 武力転覆に失敗した帝国主義がイデオロギーや経済、人的交流、技術移転など様々な平和的手段を駆使して社会主義国家の転覆を図るというのが「平和的転覆」で、中国筋によると、中国は天安門事件でこれに対し「第1次の勝利」を収めたが、東欧はすでに「転覆」され、ソ連が「動揺」の最中にあると分析する。
 李鵬首相は米国の対中国最恵国待遇延長を条件にした攻勢にも「中国は安定しており、ソ連とは違って圧力をかけてもつぶれない」と自信たっぷりだ。
 ただ、党員数は増えても悩みは深い。党内誌は党幹部の弱点として(1)自分中心で集団意識に欠ける(2)科学文化を重視しマルクス・レーニン主義をおろそかにする(3)思想よりモノにこだわる、などをあげる。
 10年来の開放政策で西側世界を知った中国人の中に、「社会主義の理論は素晴らしいが、現実は資本主義の方がよい」と本音をもらす人が多いのも事実だ。
 このため、党は都市の学生100万人を今年の夏休み、故郷の農村に「下放」させ、また、優秀な後継者をへき地で鍛えるなど、中国の現状から出発する国情教育に躍起になっている。
●中国共産党員数の変化
 (各党大会開催時)
 1921年 50
 1923 420  
 1925 900  
 1927 6万  
 1928 13万  
 1945 121万  
 1956 1073万  
 1969 2200万  
 1973 2800万  
 1977 3500万  
 1982 3960万  
 1987 4600万  
 1991 5032万  
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
63位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
155,923

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から