日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1989/05/17 朝日新聞朝刊
(社説)中ソ指導者の歴史的握手
 
 ソ連のゴルバチョフ書記長と中国の小平中央軍事委主席。中ソを代表する2人の最高実力者が北京の人民大会堂でにこやかに握手を交わした瞬間、30年におよんだ中ソの対立と抗争は完全に終わりを告げた。さらにゴルバチョフ書記長と趙紫陽総書記との会見で、断絶していた中ソ両共産党の関係が復活した。両国は平和共存の原則に基づいて新しい関係を築き始める。
 中ソの歴史的和解を見つめる世界の目はおおむね好意的である。それは中ソが、冷戦時代の中ソ同盟に戻るのではなく、世界の平和や軍縮、アジアの地域紛争の解決に貢献する姿勢を示し、中ソの関係改善が第三国との友好関係に影響しないことを保証しているからだ。国際的に歓迎される雰囲気の中で、中ソが正常化を達成したことを喜びたい。
 平和共存の原則は(1)領土と主権の相互尊重(2)相互不可侵(3)内政不干渉(4)平等互恵(5)平和共存――を内容とし、中国があらゆる国との国家関係の基礎にすえてきたものである。首脳会談でゴルバチョフ書記長もこれと同じ考え方を中ソ関係に適応すると表明した。
 これは同じ社会主義国であっても、問題によっては立場の違いのあることを認めた上で、イデオロギーよりも国家間の関係を優先してつき合っていくことを意味している。
 この平和共存の原則に立って、中ソ首脳は内政・外交の両面で、双方の主張に理解を示した。内政面ではソ連のペレストロイカ(改革)と中国の「開放・改革」が、外交面ではソ連の「新思考」と中国の「国際政治新秩序」がそれぞれ肯定的に評価された。社会主義のモデルは1つでないことも確認された。社会主義の多様性を中ソが認め合ったことは、中ソ以外の社会主義国間の関係にも影響を及ぼすだろう。
 中国側スポークスマンによると、首脳会談では中ソ関係、社会主義のモデル、カンボジア問題などが主要テーマとなったという。
 なにせ長い中ソ論争と対決の時代があった。しかも氏は中国の党代表団を率いてモスクワに乗り込んだいきさつもある。曲折した過去についての感懐が氏の口からもれたが、「過去を終わらせ、未来を開く」観点から、将来の関係発展のため実際的問題に取り組むことで両者は合意した。
 むろん、両者がすべての問題で一致したわけではない。初日のゴルバチョフ・楊尚昆会談で、中国側が「書記長は過去への遺憾の意を表明した」と発表したのをソ連側が直ちに否定したのにも、関係正常化にあたってもそれぞれが自らの立場の強化を心がけていることがうかがえる。
 注目のカンボジア問題も「意見交換したが具体的合意に至らなかった」と中国側スポークスマンは語った。この問題でも依然意見の違いが残っていることがはっきりした。
 内政について、中ソはそれぞれの改革の経験を交流し始めた。中ソを比較した場合、中国は経済改革が、ソ連は政治改革がそれぞれ進んでいるといわれる。改革に伴う困難やその対策を話し合うことは双方にとって得るところがあるだろう。
 折しも天安門広場では、学生たちの「絶食闘争」(ハンスト)が続いていた。このためゴルバチョフ書記長歓迎行事に一部影響が出たものの、当局側が強権を発動するようなことはなかった。学生も当局も、自制しつつ対話を模索しており、中国が今後、政治改革の歩みを早める可能性を暗示している。
 さまざまな違いを残しつつ、中ソがともに歩む時代が始まった。その行方を冷静に見つめたい。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
63位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
155,923

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から