日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【公営競技・ギャンブル】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1991/02/24 毎日新聞朝刊
競馬の単複配当金、5%アップへ──農水省
 
 農水省は二十三日、競馬ファンへの利益還元として単勝(一位の馬を当てる)と複勝(一位から二、三位までに入る馬一頭を当てる)の配当金を平均五%程度引き上げる方針を固めた。三月上旬までに競馬法と日本中央競馬会法の改正案をまとめ、今国会に提出。早ければ、この夏の中央競馬から実施したい意向だ。人気の高い連勝複式馬券への配当金上積みは、財源問題から今回は見送られる。
 わが国の競馬は国と主催者が受け取る「テラ銭」といえる控除率(馬券売り上げの二五%。残りの七五%が配当金に回る)が、欧米先進国に比べて高過ぎ、ファンへの還元が少ないと批判が出ている。農水省は、この控除率の引き下げは、競輪、競艇など他の公営競技との兼ね合いから難しく、配当上積みの財源として剰余金の一部を充当させることで、ファンサービスの向上に努めることにした。
 控除率の二五%は、一〇%が第一国庫納付金として国に、一五%が競馬会の収入となる。この競馬会の収入から賞金や運営費などを支出した後に残るのが剰余金。日本中央競馬会(JRA)の場合、この剰余金を積み立てた特別積立金総額は五千億円を超えており、このうち百億円弱を単勝、複勝の配当引き上げ財源に充当していく考えだ。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
55位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
162,221

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から