日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【公営競技・ギャンブル】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/05/24 朝日新聞朝刊
公営競技、過半数が赤字 01年度計423億円、総務省改善要請へ
 
 地方自治体が運営する競馬、競輪、オートレース、競艇の「公営競技」で、実施団体の過半数が赤字に陥っていることが総務省の調べで分かった。01年度の赤字は4競技で合計423億円にのぼる。00年度より5割増加した。公営競技の赤字が増えれば、自治体が埋め合わせる必要が出てくるため、総務省は夏をめどに経営改善計画の提出を求める方針だ。
 調査によると、01年度の売上総額は約3兆2千億円。91年度の約5兆5400億円から10年間で4割減った。競馬とオートレースが半減し、競輪、競艇も4割減。景気低迷やレジャーの多様化による客離れが原因と総務省ではみている。
 公営競技は、自治体が単独か、複数の自治体で事務組合を作る形で運営しているが、01年度に公営競技を実施した146団体のうち79団体が赤字だった。なかでも最も業績が悪化しているのは競馬で、01〜02年度に中津競馬組合(大分県と同県中津市)など5団体が事業から撤退した。
 売り上げの75%が客への払戻金で、選手の賞金や運営費などの経費や、関連業界などに助成金を出す振興会への交付金などを差し引くと自治体に入るのは1%程度。地方財政も厳しい中で、赤字に陥った事業を抱える余裕がなくなりつつある。
 公営競技の運営に参加する自治体は91年度の505から今年度は328に減っている。
 高知県競馬組合(高知県と高知市)は、02年度の累積赤字が約88億円に膨らみ、県と市が負担して存続を決めたが、新たな赤字を出さないのが存続の条件だ。
 実施団体では、近隣の競技場と開催日程を調整するなどの努力をしており、場所によっては効果が出ているところもある。ただ、全体として厳しい状況は変わらず、総務省は選手の賞金や施設費を削減するなど経営改善を求めていく。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
55位
(28,943成果物中)

成果物アクセス数
162,574

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年7月8日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から