日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【公営競技・ギャンブル】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1998/04/18 朝日新聞夕刊
五輪の夢、銀輪に乗せて 久留米工大付属高(大穴日和)【西部】
 
 世界スプリント十連覇、中野浩一さん(四二)が本拠地にした福岡県久留米市の久留米競輪場。競輪選手の練習が終わった夕刻、体格でひときわ劣るが若々しい一団がバンクを回り始めた。久留米工大付属高の選手たちだ。
 「プロを目指す生徒ばかり。でも、一学年で二、三人」。自転車部の手島又喜教諭(五七)は、プロに育った五十七人の教え子を二十三年間の指導歴で割り算し、道のりの険しさを語った。
 部員は各学年十人前後。手島教諭を慕って全国から集まる。史上最速で獲得賞金十億円に達した福岡県出身の吉岡稔真選手(二七)クラスとなれば、才能と努力は想像を絶する世界だが、生徒たちは「中野さんや吉岡さんみたいになりたい」と屈託がない。
 その競輪が二〇〇〇年のシドニー五輪で正式種目「ケイリン」となる。日本自転車振興会などのロビー活動が実った。五輪のお墨付きが国民スポーツとしての認知につながり、公営競技としての競輪人気にも波及すれば、と自転車競技界の期待は高まる。
 若者も敏感だ。日本競輪学校の受験者も増加傾向にある。「ギャンブルの競輪は多少ためらうが、五輪のメダルが目標に加わって、部活動の延長という意識で受験してくる」という。
 とはいえ、メダル獲得となると、体格差などから「世界との差は歴然」という認識で、現場の競輪選手らの見方はほぼ一致している。
 それでも、何としてもスターがほしい九州自転車競技会などは期待含みでこう話す。「体の小さい清水選手がスケートで金を取った」と。「ジャンプの原田選手みたいな感動的な選手が出ませんかね。テレビCMより、金メダルの方がずっと宣伝効果があるんですが・・・」。銀輪の願いは五輪の世界に広がる。
(文・藤生明)
=おわり
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
54位
(28,631成果物中)

成果物アクセス数
161,699

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から