日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【公営競技・ギャンブル】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1998/04/17 朝日新聞夕刊
万車券で集客、合理化も 飯塚・オートレース場(大穴日和)【西部】
 
 元SMAPの森且行(かつゆき)選手が出場した十一日、福岡県飯塚市のオートレース場は朝から異様な雰囲気に包まれた。バイクが爆音をたて、最高時速約一六〇キロで走り抜ける走路(五百メートル)は普段通りだったが、フェンス越しには若い女性が十重二十重。時折、悲鳴がとび、売上額は通常比一・五倍、入場者数は同三倍に達する盛況となった。
 その日、地味ながらもう一つの変革があった。競馬の馬番、競輪の車番にあたる八車八枠制の導入だ。八台を六枠に分ける従来の八車六枠制の場合、連勝単式の的中率は三十二分の一だが、一台一枠の「八枠制」では五十六分の一に。難しいが、配当は高くなる。ギャンブル性を強く出し、売上増につなげる狙いだ。日本小型自動車振興会(東京)も「これからは『八枠制』が主流になる」と期待をかける。
 新年度を「森」と「八枠制」で、好発進した飯塚オートだが、浮かれた様子はない。一九八〇年度に約三十一億円あった市財政への繰出金は九七年度五億円(見込み)に激減。レース開催で、特別交付税が約十億円減らされているとの試算もあり、公営競技としての存在意義も問われかねない。
 こうした声をけん制するように、市の諮問機関が昨年、夜間レース、場外開設とともに合理化を答申した。細川年通・市公営競技事業部長は「八枠制」「森」効果に期待しつつも、「売り上げ減に見合った合理的な経営も考えねば」と経営見直しを訴える。
 労使は、二〇〇一年度までに投票窓口の女性職員らを補充せず、定員を七百二十人から約五百五十人に減らすことを合意している。経費削減、合理化・・・。売り上げ増だけでは解決しない構造的な難題に公営競技が直面している。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
57位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
163,542

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から