日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【公営競技・ギャンブル】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1998/04/13 朝日新聞夕刊
若い客狙い競輪場変身 北九州・メディアドーム(大穴日和)【西部】
 
 競輪発祥の地、北九州市小倉北区の小倉競輪場の隣で建設が進む「メディアドーム」。コンクリート独特の冷気臭が漂い、まだ塗装前で殺風景な競輪用バンク(一周四百メートル)に、オレンジや黄色の目立つユニホームを着た競輪選手たちが降り立った。
 「思ったよりバンクに癖がない。きれいな仕上がりだ」。工事関係者の説明を受けた後、野田正選手(四〇)らはまず、歩いて一周。新たな闘いの場の感触を確かめた。「直線が長いので、最後まで勝負が分からない」「雨風に左右されないスピード競輪になる」
 二年前、老朽化した小倉競輪場の代替施設として着工。3K(暗い・汚い・怖い)イメージ払しょくや施設の有効利用を検討した結果「多目的ドーム」に落ち着いた。総工費は約三百億円。競輪五十周年の今秋、完成予定だ。
 競輪界は九一年度をピークに売り上げが減少している。小倉も例外ではない。九六年には、北九州市以外で組織し、小倉、門司競輪場などを間借りしていた「五市競輪組合」が解散。「競輪事業が市財政に貢献する時代は終わった」(有吉威・直方市長)。
 北九州市関係者も、ハコ(施設)ですべてが解決するとは思っていない。高齢化が著しいファン層の若年齢化を狙う。市事業部管理課の柴田克俊さんは「多目的施設なので、競輪ファン以外もたくさん訪れる。こうした人たちをいかにファンとして取り込んでいくかが我々の課題です」と話した。
 「不況時はギャンブルがはやる」と言われた。しかし、中央競馬会(JRA)を除き、地方競馬、競艇、競輪、オートレースの四競技はどこも青息吐息。収益事業のはずが赤字に転落したレース場も少なくない。転機の公営競技はどこへ行くのか。
(文・藤生明)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
57位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
163,716

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から