日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【公営競技・ギャンブル】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1989/06/02 朝日新聞朝刊
競艇に大衆化の波 売り上げ新記録、戸田競走場の88年度決算 埼玉
 
 戸田競艇組合(管理者・斎藤純忠戸田市長)が管理、運営する戸田モーターボート競走場の昭和63年度の売上金の決算が、1日までにまとまった。それによると、同組合と同競走場でレースを主催している県都市競艇組合(管理者・市川宗貞飯能市長)がそれぞれ開催した競艇総発売額は1563億3900余万円と昭和29年に初レースが開かれて以来、最高の数字を記録した。また、両組合合わせた1人当たりの購買額も過去最高だった前年度を14%上回る5万8103円と、大口化している。未曽有(みぞう)の好況を背景に競馬、オートレースと並び公営ギャンブルの大衆化がボートにも一層反映した決算となった。
 戸田ボート競走場は昭和49年以来、戸田競艇組合と県都市競艇組合の2組合で年間180日競艇を開催している。同年度に総発売額を6億2000余万円にし、以後飛躍的に発売額を伸ばしてきた。
 発売額からレース中のフライングなどによる無効レースの発売金の返却分を引いたものが「売上金」。昨年度の売上額は戸田競艇組合分が839億4514万円、県都市競艇組合分が705億7671万円といずれも対前年度比で10%以上の高い伸び率。全国24のボート競走場では住之江(大阪府)、平和島(東京都)に次ぐ第3位の売り上げ実績だ。
 一方、入場人員数では昭和55年度の331万8000余人をピークに減少傾向にあり、昨年度は265万9400人と対前年度比で3%ダウン。「昭和60年の埼京線の開通で一時増加傾向にあったものの、場外購入の普及で客足は微減傾向」(戸田競艇組合)という。
 しかし、1人当たりの購買金額はここに来て大口化。戸田競艇組合分に限ってみても、1人当たりの購買額(1日平均)は、58年度に4万4470円と当時、開設以来最高を記録したものの、円高不況期の61年度までは4万5000円前後を低迷、個人の「射幸投資額」は横ばい状態が続いた。ところが、62年度には一挙に5万3000円台にはね上がり、63年度には6万1081円と大幅な伸び。
 「時折、100万円単位で買う人もいる。女性ファンも増えている。超好景気と競艇の大衆化を感じる」と組合関係者は話している。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
55位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
162,221

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から