日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【公営競技・ギャンブル】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1988/06/28 朝日新聞朝刊
競輪復活反対54% 周辺に悪影響 都民のギャンブル意識調査
 
 競馬、競輪、競艇からパチンコ、宝くじに至るまで、都民はギャンブルをどう考えているのか、興味ある意識調査の結果が27日、財団法人・東京都市科学振興会の手でまとまった。現在、後楽園「東京ドーム」での競輪復活問題が論議を呼んでいるが、「賛成」はわずか8.5%。それに比べて「反対」は54.6%もあり、はっきり「ノー」と出ているのが注目される。
 調査対象は都内に住む20歳以上の男女1200人で、7割近い823人から回答があった。5月のゴールデンウイークの過ごし方を聞いてみたところ、「パチンコをした人」は11%、「競馬・競輪・競艇・オートレースをした人」は7%あった。
 これまでの公営競技経験では、3人に1人が「行ったことがある」と答えているが、都民のうち65%がどこにも出かけたことがなく、57%がお金をかけた経験がないことも明らかになった。「ギャンブルがきらいだから」(33%)というよりも、「ほかのレジャーや趣味の方が好きだから」(46%)という要素が強いようだ。
 公営競技の売上額の約75%が払戻金、残り約25%が実施団体の収益金になっていることについては、半数が「現在のままでよい」と回答。その収益金についても、現在のようにいろいろな目的に使うのではなく、「まちづくりや福祉など特定の目的に限定すべきだ」とする意見に賛成(36%)が、反対(9%)を大きく上回った。
 都内では現在、23特別区が地方競馬、国立市を除く多摩各市が競輪と競艇を主催しているが、これを「知らなかった」という都民は半数を超えている(52%)。しかし、区や市の財政が苦しい状態にあるなら「財源を公営競技の収益でまかなうのもやむを得ない」とする意見が35%あるのに対し、「区や市はやめるべきだ」が20%。全体的に財政モラル論に立った意識よりも、公共福祉のためには収益を財源とするのは当然とする考えの方がやや強かった。
 後楽園「東京ドーム」競輪復活の動きは、4割弱が知っているだけで、都民全体の関心事になっていない。とはいえ、都民の賛否は「賛成」8.5%、「反対」54.6%、「どちらともいえない」32.1%。
 「周辺の環境に悪影響をもたらす」「健全なスポーツの殿堂というイメージが崩れる」がともに46%(複数回答)あり、この2つが大きな反対理由となっている。「後楽園競輪は48年に廃止されており、今後もそれを守るべきだ」(28%)がこれに次いでいる。
●都民はギャンブルをどうみているか
(数字は%)
 
そう思う そうは思わない どちらともいえない
本来人間が好むもの 53.9 13.9 30.0
労働意欲を低下させる 32.4 32.1 33.3
青少年に悪影響を及ぼす 59.3 13.7 25.0
家庭に悲劇を招く要因になりやすい 59.1 9.0 30.3
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
55位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
162,221

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から