日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 逐次刊行物.年鑑 > 成果物情報

全施協50周年記念誌

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


本栖研修所完成(昭和和41年11月)
 
 連合会による選手の養成訓練は、昭和32年から行われてきたが、常に競艇場を借用しての訓練であった。そこで、連合会では、常設の研修施設を山梨県の本栖湖畔に建設、昭和41年11月に開所式を行った。
 以来、約35年の間、本栖での選手、審判員、検査員の養成訓練等が行われてきたが、水位が安定せず、訓練ができない状況も発生していたことから、平成13年4月、福岡県大和町に新たな訓練施設「やまと競艇学校」を開設し、本栖研修所は、平成14年2月に閉所した。
 
本栖研修所
 
浜名湖競艇組合が企業団に改組(昭和42年1月)
 
 浜名湖競艇組合は、地方公営企業法の改正に伴って、「企業団」として組織変更を行うべく規約改正等の手続きを進めていたが、昭和42年1月1日から「浜名湖競艇企業団」と名称を改め、新たに発足した。
 初代企業長には前組合長の新居町長守田雪雄氏が就任した。
 
東京都十市競艇事業組合が六市組合と四市組合に分離(昭和42年4月)
 
 東京都十市競艇事業組合は、昭和41年6月、江戸川競艇場における初開催以来、月2日の開催を行っていたが、構成市のうち八王子市、調布市、町田市、小金井市、武蔵野市、昭島市の6市が江戸川競艇場で、小平市、日野市、東村山市、国分寺市の4市が多摩川競艇場で、それぞれ分かれて開催をすることとなった。
 東京都六市競艇事業組合は昭和42年4月6日、東京都四市競艇事業組合は同年4月7日に東京都知事から設立を許可され、六市組合は4月13日に、四市組合は6月29日に、それぞれ初開催を行った。
 
 昭和42年8月、全施協会則の一部改正により、それまでの常任理事制に代わって、従来2名であった副会長が4名になり、翌43年12月には、同年5月の会則の一部改正に基づいて、会長の諮問機関として専門委員会が設けられ、競走の実施面における各種問題の対策樹立を図ることとなった。
 
第14回ダービー優勝戦で5艇フライング(昭和42年10月)
 
 第14回全日本モーターボート選手権競走は、昭和42年10月5日から10日までの6日間、尼崎競走場において伊丹市の主催で開催された。
 大会初日から8件のフライング、2件の出遅れ、負傷者1名と事故が多発し、波乱の幕開けとなった。
 2日目以降は出遅れ1件のみで、4日目には尼崎の一日最高売上2億3260万円を記録、6日間の売上では前月に住之江で行われた第3回鳳凰賞競走の売上を上回る新記録を達成した。
 ところが、最終日第12レースの覇者決定戦において、5艇がフライングし、レースは不成立。執行委員長は、返還に時間を要するので再レースは不可能と判断、レースを打ち切り、第14回ダービーの覇者なしという大変な幕切れとなった。
 選手会は、この事態を重視し、緊急役員会を開催、自主規制措置としてフライング1回で1カ月、2回で3カ月のあっせん辞退、3回で登録消除とする制度を設けることとなった。
 
5艇がフライングとなった
第14回選手権大会覇者決定戦のスタート写真
 
全施協事務局が新橋駅前ビルヘ移転(昭和42年11月)
 
 この頃全施協は、事務量の増加と職員の増員により、日本都市センター内の事務所が狭隘になっていたことから、新たな移転先について理事会、総会等で検討を重ねた結果、昭和42年11月、当時新橋駅前の再開発により東京都が建設した新橋駅前ビル1号館の8階に移転した。
 
競艇場の移転(昭和43〜44年)
 
 昭和38年に設置された施設改善調査会が行った競艇場施設の改善勧告により、昭和40年代には各地で競艇場の施設改善が活発化し、開設当初、河川を利用して設置された競艇場の多くは、この勧告を受けてより公正安全な競走が実施可能な場所へ移転する計画が具体化、昭和43年には4月に浜名湖、7月に三国、翌44年には4月に芦屋、6月に津の各競艇場がそれぞれ移転、新設された。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
79位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
150,206

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.ブログ道場 -ブログは社会を動かす情報発信ツール(対談:川北秀人・久米信行)-
2.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
3.ブログ道場 -ブログ講座(入門編)-
4.ブログ道場 -ブログを活用したこれからの情報発信-(上岡 裕氏)
5.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-(第3回)
6.ブログ道場 -ブログ講座(入門編 其の二)-
7.テレビCM・福祉車両/介護編
8.こども未来会議しながわ 1
9.こども未来会議しながわ 2
10.第6回 ブログ道場  -シニア団塊の世代向けブログ講座-
11.第6回 ブログ道場  -「公益ブログの今がわかる」事例紹介-
12.第11回 ブログ道場 ご講演 脇坂先生「団体の信用度を上げる会計手法とは?」
13.第11回 ブログ道場  「CANPANのこれから」 講演 日本財団/町井則雄
14.競艇沿革史
15.第1回 企業・NPO協働推進セミナー −CSRの考え方とその手法を学ぶ−
16.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!−NPOの信用創造機能とは? Part1
17.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!−NPOの信用創造機能とは? Part2
18.CANPAN道場13 ご講演 吉田先生「メルマガを使ったマーケティング力UPとは?」
19.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 CANPAN挨拶及びそらべあトークセッション
20.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 石原可奈子演奏及びトーク
21.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 田中正敏&プチパヴィヨン演奏、田中正敏トーク及び石原可奈子&プチパヴィヨン演奏
22.NPO・企業パートナーシップセミナー/基調講演「元気な地域づくりと信頼される企業」
23.NPO・企業パートナーシップセミナー/パネルディスカッション「元気な地域づくりと信頼される企業」
24.NPO・企業パートナーシップセミナー/CANPAN CSRプラス紹介「元気な地域づくりと信頼される企業」
25.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞式
26.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞者パネルディスカッション
27.第2回 ブログ祭り 基調講演-笹川陽平-
28.第5回 ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
29.第5回 ブログ道場 -ブログ事例発表-
30.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第1部] ご挨拶/笹川陽平(日本財団 会長)
31.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第3部] CANPAN CSRプラスの概要・機能説明/町井則雄
32.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第4部] パネルディスカッション「CANPANでCSRはこう変わる」
33.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第2部] 基調講演「今、CSRにプラスすべきこと」川北秀人
34.ブログ道場特別版 -ブログ祭り-(第4回)
35.競艇と日本財団 ―公営競技は社会悪か―
36.CANPAN道場15 林雄二郎先生のご講演
37.CANPAN道場15 CANPANについてのご案内
38.第16回CANPAN道場 「教育と海を考える」鹿児島県南大隈町立大泊小学校
39.第16回CANPAN道場 さおりとまいの東京旅行記(2007年8月11日 )
40.CANPAN第2回ブログ大賞
41.CANPAN第1回CSRプラス大賞
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から