日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1994/10/24 産経新聞朝刊
【主張】国連と“悪魔の子ら”の時代
 
 きょう二十四日は国連デー。国連創設五十周年という節目の年を来年に控えて、ポスト冷戦時代に適応できる国連の在り方について考えてみたい。
 今日の世界は、冷戦構造が崩壊した結果、一挙に紛争や問題が噴出した格好で、地域、民族、宗教紛争、テロ、核拡散、核軍縮、経済、貿易、難民、人口、環境、エイズなど多種多様な問題をかかえている。まるで「悪の帝国・ソ連」(レーガン元米大統領の言葉)が滅亡したあと、“悪魔の子ら”が続々と産出されたかのようである。
 しかし、紛争や問題の性質をよく観察すれば、軍事力ではなくて、経済・技術力で解決できる問題が多いことに気付くはずである。
 ガリ国連事務総長は今年の年次報告で「安全保障とは土地と兵器の問題だけに限られるものではない。国連は紛争の原因を除去する手段として経済・社会分野における取組みを強化しなければならない」と主張している。日本の出番が問われているのはこんな時代認識からではあるまいか。
 同総長は、一昨年、「平和のための課題」と題する報告書を作成し、平和と安全に対する国連の新しい役割として(1)予防外交(2)平和の創設(3)平和維持(4)平和醸成−の必要性を強調した。この新時代への“挑戦状”ともいえるガリ構想は、必ずしも成功しているとはいえない。ソマリア国連平和維持活動(PKO)の失敗例を見れば、それは明らかであろう。
 しかし、問題はガリ構想にあるのではない。国連自体がガリ構想を実施するに当たって、新しい時代にふさわしい体質になっていないところに問題がある。
 国連安全保障理事会の常任理事国が現在の五カ国のままでいいのか。果たして「拒否権」は今日の時代に適切なのか。安保理よりも総会により強い決定権を与える方策はないものか。人員や予算の配分に無駄はないか。日本やドイツなどに対する「旧敵国条項」がいまだに存在していることもおかしくはないか。この激動の時代に国連事務総長の任期(二期十年)は長すぎはしないか。国連はあまりにも地域平等主義の弊害に陥ってはいないか。
 国連は、こうした点を総合的に総点検し、オーバーホールし、ポスト冷戦時代の紛争や問題解決に即応できるシステムとして機能せねばなるまい。もし、それができないのであれば、国連は冷戦時代にしばしば言われた「年老いたロバ」(役に立たない国連)に戻るしかあるまい。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(29,137成果物中)

成果物アクセス数
134,509

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月23日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から