日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/09/25 朝日新聞朝刊
米国も国連も変わろう アナン演説(社説)
 
 58回目の国連総会の季節がやってきた。昨年の総会は、ブッシュ米大統領がイラクに対する単独での攻撃も辞さないことを表明したことで歴史に残るものとなった。高揚した表情の大統領と、その後ろの席で頭を抱えるアナン事務総長。対照的な2人の写真が翌日の世界の新聞を飾った。
 あれから1年。安保理の明確な承認がないままの戦争でフセイン体制を打倒したものの、その大義であったはずの大量破壊兵器は見つからない。占領も誤算続きだ。バグダッドの国連現地本部がテロに襲われ、デメロ事務総長特別代表が死亡した。
 時はめぐり、今年の演説で攻勢に出たのはアナン氏だった。国連の承認がなくても先制攻撃の権利があるという米国の論理を、安保理決議に基づく武力行使と自衛戦争しか認めていない国連憲章に対する「根本的な挑戦だ」と、厳しく批判した。
 その後にブッシュ大統領が登壇した。「中東全体が安全になった」と戦争の意義を誇りつつ、米英主導の復興に対する国連の助力を促した。だが、各国代表の拍手はアナン氏に対する方が高く、議場はさながら国際世論を映し出す鏡のようだった。
 国際協調で平和を守ろうとする安保理が米国の国益に沿わないなら、無視すればいい。米国の新保守主義の論客たちの主張だ。そのあげくがイラクの混迷である。
 世界を仕切るのは米国で、国連はNGOのように米国の政策を手伝うべきだという論理は、いまも国際社会の大勢からは支持されていない。ブッシュ大統領にはぜひそのことを胸に刻んでほしいと思う。
 同時に考えなければならないのは、いまの安保理が今日の戦争や平和の課題に対処できていないという現実だ。国際協調の精神を世界に根付かせるには、安保理の機能を高める必要がある。そうしないと、米国の単独行動も十分抑えられまい。
 アナン氏もこの点を意識したのだろう。テロや大量破壊兵器の拡散といった新しい脅威に対する武力行使の判断基準づくりや、民族浄化をはじめとする人道的危機への対応力の向上を課題にあげた。
 国連憲章ができた時に想定されたのは、主として国と国の戦争だった。いまはテロ組織や国際犯罪組織などが安全を脅かす。この変化に見合った行動が円滑にとれるような組織改革も避けて通れない。
 川口外相は、常任理事国入りをめざす立場から、2年後の国連創設60周年の首脳会議で安保理改革を決断するよう提唱した。シラク仏大統領も改革を説いた。
 構成国を変えれば、それだけで安保理の力が強まるわけではない。常任理事国の拡大問題は、複雑な利害対立から長い間結論が出せなかった歴史もある。日本の常任理事国入りには様々な議論がある。
 しかし、米国の単独行動で深く傷ついた国連を立て直すために、国連自身も変わるべき時がきていることは確かだ。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
85位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
133,730

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から