日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1995/09/19 朝日新聞朝刊
ジグザグ 揺れるPKO(再生への岐路 国連創設から50年:1)
 
 「ペンキを塗る暇がなかったんだ」。若い英軍兵士が冗談を言った。国連平和維持活動(PKO)のシンボル、ブルーヘルメットが、ここでは青い布をかぶせただけの急ごしらえだ。
○「実験場」の旧ユーゴ
 北大西洋条約機構(NATO)軍が空爆を繰り返すボスニア・ヘルツェゴビナと国境を接するクロアチア南部の港町プロチェ。セルビア人勢力への砲撃にも加わった緊急対応部隊の中継基地に待機する武装ヘリや兵員輸送車は、国連部隊を示す白ではなく、戦闘集団を示す迷彩色だ。
 その北方約三百キロの町コスタニツァでは、軽武装で停戦監視に当たってきたデンマーク部隊が撤退準備を始めていた。「クロアチア軍のクライナ奪回戦争(今年八月)を止められなかった」(ヤン・エンセン司令官)結果、早めに訪れた苦い撤収だ。東方のマケドニアには紛争を未然に防ぐ「予防展開」の約千二百人が駐屯中である。
 旧ユーゴスラビアはさながらPKOの実験場だ。
 その司令塔、明石康・国連事務総長特別代表は、根気強い説得と武力を使わないやり方で、カンボジアでは国家再建選挙にこぎ着けた。が、ここではその信念もなかなか通じない。
 「『平和への課題』とその追補を比べると、この三年間に国連がたどった苦悩がよく表れている」と、同氏は語る。一九九二年六月、ガリ事務総長は安保理への報告書「平和への課題」の中で、武力による平和執行など、冷戦後に対処する新たなPKOを提唱した。だが、今年一月、一転して平和執行の「断念」を宣言する追補を発表した。ソマリアでの武力行使の失敗が路線転換を余儀なくさせた。
○冷戦終結で見直し
 それなのに国連はいま、ボスニアで再び武力に頼る道を選んだ。このジグザグぶりを明石氏は「苦悩」と言っているのだ。
 「中立、軽武装、紛争当事者の合意」など伝統的PKO派遣の原則は、第二代事務総長のハマーショルド氏が発表した「研究摘要」を基礎としている。しかし、冷戦終結はPKO見直しの動きを加速した。
 ニューヨークのコロンビア大学国際・公共問題大学院では、毎週火曜日の午後、「国連平和活動」と題する授業に四十人近い学生が集まる。開設二年目の同クラスは、湾岸戦争、ソマリア、ボスニアなどの事例研究や、選挙や社会開発も視野に入れた平和構築、武力を使った強制行動などについて多角的に講義が組まれている。
○米軍機関でも研究
 「伝統的PKOは、いまでは平和活動の一部に過ぎない」。同大学院のジョン・ラギー院長は言い切る。そして、「ここで勉強した学生たちが近い将来、米政府のPKO政策に影響を与えるポストにつくだろう」と、語る。「冷戦後、軍隊を実際に使用する意義ある分野の一つはPKOだ」(米海軍大学のダニエル戦略研究部長)と考える米軍は、陸軍大学、国防大学、統合教義司令部などさまざまな機関で研究を進めているという。
 米軍縮小の中での組織防衛のにおいもするが、PKOに無関心だった米国では、数年前まで考えられなかった現象だ。米議会の国連ぎらいはあるが、米国と国連の力関係を考えると、今後のPKOの方向に影響を与えずにはおくまい。
 旧ユーゴの三つのPKOのうち、マケドニアの予防展開がうまくいっているという明石氏は、将来のPKO像について「量的拡大から質的な向上へ」と表現する。国連が出来ることと出来ないことを整理し、外交的英知を駆使しながら重火器への依存度は減らす。丸腰での停戦監視を重視すべきだというのだ。PKO原点への回帰である。
 火の車の国連財政もにらんだベテラン当局者の現実感覚は、しかし、空爆の轟音(ごうおん)にかき消されがちだ。
(ニューヨーク=北山憲治)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(29,137成果物中)

成果物アクセス数
134,509

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月23日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から