日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/11/01 朝日新聞朝刊
途上国とP5に目配り、日本の「危ない綱渡り」(国連物語:28)
 
 この春、日本外務省は国連安保理の改革構想をまとめた。国連創設50周年の95年を目標に、常任理事国入りを目指す、という内容だ。この文書はいまも国連局の金庫で眠っている。
 「あちらを立てれば、こちらが立たず。危なっかしい綱渡りだ」。外務省幹部は常任理事国入りの難しさをこう説明する。国連で多数派を占める途上国は安保理改革に積極的で、日本の常任理事国入りを支持する国が多い。「悲願」達成には途上国の支持が不可欠だが、深入りすれば常任理事国5カ国(P5)の反発を買う――日本が抱えるジレンマだ。
 9月末、日本を訪れたスハルト・インドネシア大統領が宮沢喜一首相に「国連は、時代遅れで現状に合わなくなっている。日本とドイツが常任理事国になるべきです」と水を向けた。首相が「それには国連憲章の改正が必要だ。難しく、大変な仕事です」とかわしたのも、日本の立場を考えてのことだった。
 外務省が安保理改革の構想づくりに着手したのは、90―91年の湾岸危機・戦争後だ。「ドイツとの一括加入を目指しては」「それでは途上国の賛成を得られない。ブラジルなどの有力な国と組んだ方がいい」。議論の結果まとまったのが「拒否権を持たない常任理事国を4カ国程度新設して、そこに日本も加わる」との案だった。P5と途上国の双方に目配りした「苦心の作」(外務省幹部)ではあった。
 ドイツも日本と似たような立場にあるが、より慎重だった。コール首相は常任理事国入りに意欲をにじませる日本を横目に、今年1月「そのテーマは、全く私の心を動かさない」と発言していた。
 だが、9月の国連総会では、「安保理の構成が変われば、常任理事国の地位を目指す」(キンケル外相)と、態度を一変させた。「ドイツは、日本が国連総会ではっきりと名乗りをあげるとみていたようだ。それで先走ってしまい、誤算を生んだ」と外務省幹部が分析するように、「有力候補」同士の神経戦の様相も。インドやインドネシアが、日本を盛んにくすぐるのも「日本を先頭に、あわよくば自国も、という狙いから」と外務省はみる。
 日本は非常任理事国として、来年いっぱいは安保理に席を占める。外務省内には「出るクイは打たれる。いますぐには動くべきではない」との空気が強い。日本の安保理改革案が金庫から出るのは、しばらく先になりそうだ。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
85位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
133,999

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から