日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/31 朝日新聞朝刊
常任理事国入りの悲願達成にはP5のカベ(国連物語:27)
 
 10月初め、静岡県函南町で開かれた自民党全国研修会の2日目。講師として演壇に立った渡辺美智雄副総理・外相はこう語った。
 「国連憲章の敵国条項なんてのは時代遅れ。日本は国連資金の12.45%を負担してる。英仏中3カ国合わせたより多い。米国に次いで2位だ。常任理事国になる資格は十分ある」。拠出額に見合う発言権を日本に、ということだ。
 渡辺外相は9月下旬の国連総会で「国連安保理はその信頼性と実効性を高めるとの観点から、機能・構成を含む組織の在り方につき真剣に検討すべきだ」と演説した。えん曲な言い回しにとどめたのは、現在の常任理事国5カ国(P5)にはP5体制を崩す気がほとんどなく、強く言えば強い反発が返ってくるだけと考えてのことだった。
 米国は1972年秋にニクソン政権のロジャーズ国務長官が国連総会で微妙な言い回しで言及して以来、日本の常任理事国入り支持の立場ということになっている。が、昨年10月、パール大統領特別補佐官(アジア太平洋担当)らホワイトハウスのスタッフと、在米日本大使館の参事官らの間でこんなやりとりがあった。翌月下旬に計画されていたブッシュ大統領の訪日を前に、首脳会談のシナリオづくりをしていたときだ。
 「米国が日本の立場を支持する項目として『北方領土』と『常任理事国』を入れていただきたい」
 「『常任理事国』を入れるのはどうかな。ニクソン以来の立場があるのは事実だが、今回はちょっと」
 日本側がどう口説いても受け入れない。安保理の構成見直しに消極的な米国の「本音が出た」と、参事官の1人は思っている。
 日本側は今年1月にも苦い思いを味わった。メージャー英首相が突然提案して初の安保理15カ国首脳による会議が開かれた。
 英国の提案を伝えた外務省幹部に、宮沢喜一首相は「一体、何のために集まるんでしょうねえ」と突き放したような言い方をした。この会議には日本も非常任理事国として参加したのだが、ロシアがソ連を継承してP5入りしたことについて各国に異論を挟ませないための、P5主導のセレモニーと日本側には映った。
 渡辺外相の国連演説は、控えめにだが、日本が常任理事国入り実現に向け動き出したものと言える。しかし、安保理の構成変更はP5のうち1国でも反対だと実現しない。「悲願」達成の道は遠そうだ。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
85位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
134,065

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から