日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/30 朝日新聞朝刊
舞台裏で浮上し消えたオワダ事務総長構想(国連物語:26)
 
 「ミスターオワダを国連事務総長にどうか」。総長選が間近に迫っていた91年9月、英国外務省が日本外務省に、ひそかに打診してきた。
 「オワダ」は、小和田恒外務事務次官を指す。事務次官になる前の2年間、外務審議官を務め、世界を駆け巡った。主要先進国首脳会議(サミット)の根回し役、種々の国際会議の日本政府代表を務めただけではない。湾岸危機についての日本の対応方針を各国に理解してもらおうと、積極的に出かけていった。
 2年間の海外出張日数は336日。延べ114カ国を訪ね、地球22周分を飛んだ。各国に名前と顔と精力的な仕事ぶりが知れ渡った。
 91年秋の事務総長選には、このとき、すでに20人以上の名前が浮上していた。「アフリカ勢が(アフリカから事務総長をと)躍起だが、候補を一本化できない可能性がある。そのときはオワダで」。英国からの打診に外務省は「先進国から国連事務総長が出た例はない。実現するのか」と戸惑った。反発もあった。「英国は日本が安保理の常任理事国になるのに反対だろう。この打診は、その代わり、のつもりか」
 が、損する話ではないと判断し、英外務省には「日本が自分から手を挙げるわけにはいかないけれど・・・」と回答した。
 「日本は乗り気」とみた英国は工作を始めたようだった。91年10月下旬、カンボジア和平協議でパリを訪れた中山太郎外相にベーカー米国務長官が語りかけた。「オワダを事務総長に、という案がある。いい案だ」
 日本が自ら動かなかったのは、10月に安保理非常任理事国の改選が予定されていて、ここでの当選が当面の最優先課題だったからだ。アフリカ勢は国連加盟国の3分の1近くを占める大票田である。「アフリカ勢を刺激しないよう、候補者調整の行方をじっと見守るだけだった」と当時の関係者は振り返る。
 事務総長選は混戦となった。11月の予備選でガリ・エジプト副首相、チゼロ・ジンバブエ蔵相のアフリカ勢同士が激しく競り合った。「このままでは決まらない。オワダを含めて仕切り直しだ」。米政府当局者は瀬崎克己国連大使にそう耳打ちしていたが、土壇場でガリ氏に決まった。アフリカに影響力をもつフランスが動いたようだった。
 小和田事務総長構想のてん末は、国際政治の舞台で主導権を握るには至ってない日本の姿を示している。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
134,806

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から