日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/28 朝日新聞朝刊
変わるPKO、平和中立の原則どこまで(国連物語:24)
 
 毎朝9時45分、国連本部37階で「PKO司令部」の会合が開かれる。司会はグールディング事務次長。旧ユーゴスラビア、カンボジア、ソマリア。担当官が次々、12地域に展開する国連平和維持活動(PKO)の状況を説明する。会合はわずか10分間。それ以上、会議に時間をかける余裕がないからだ。
 冷戦の終結と共に、PKOの数は急増した。88年以降のわずか4年に、それまで40年間と同じ13件が新しく展開された。
 だが、「司令部」のPKO局は文官13人、武官6人で、秘書を入れても総勢33人。1000人以上を抱える経済開発局とは比較にならない少数精鋭だ。
 カンボジア問題の担当部長志村尚子氏の机には、毎朝10センチ近い電信、ファクスの山ができる。前夜、各地から送られた情勢報告や、決裁を求める書類だ。毎晩、仕事は持ち帰り。緊急の連絡は自宅にまで追いかけてくる。PKOを担当して14年の志村氏は、「この2、3年は、有給休暇を取る人もいないほど忙しい」。
 PKO局では、部隊の規模や予算額、司令官の人選など、重要事項は、すべて文官が決める。展開後も、政治問題の処理はもっぱら文官の仕事だ。
 だが、軍事問題は、武官が常駐する36階の領域だ。床に地図を広げて部隊の動きを検討する軍事顧問、壁にかかる青いベレー帽。この階だけは、国連の雰囲気とは異質な光景が広がる。
 「先週は、4日間かけて、ここでソマリアPKOの作戦の詰めをした。今は旧ユーゴPKOにかかりきり」と軍事顧問責任者のモーリス・バリル氏は言う。カナダ陸軍の准将で、過去に3度PKOに参加した。
 「PKOはすっかり変わった。前は当事者の停戦を待って、国連が違反を監視すればよかった。今は違う。まだ戦闘が燃え盛る場所に行かねばならない」
 国連軍が戦闘に巻き込まれるケースが相次いでいる。今年7月には、サラエボ空港周辺で国連保護軍が応戦し、セルビア人狙撃兵を射殺する事件も起きた。
 「狙撃兵が国連兵を狙い、もう一度撃とうとしたら、反撃していい。それは自衛の範囲だ。だが、国連兵に報復は許されない。戦いたい兵士は、ブルー・ヘルメットを脱ぐしかない」
 来月にはボスニア全土に、さらに6000人の兵士が展開する。泥沼化する戦闘の中で、どこまで中立性を貫けるか。ボスニアは、PKOの平和原則を変質させる分水界になりそうだ。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(29,202成果物中)

成果物アクセス数
134,579

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月14日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から