日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/27 朝日新聞朝刊
PKOの携帯武器、被害が出れば重装備化も(国連物語:23)
 
 粗末な合板製長いすの背もたれに、10センチほどの亀裂とへこみがあった。国連平和維持活動(PKO)派遣隊員を訓練するウィーン郊外のオーストリア陸軍基地。講習棟の地下に下り、巨大な鉄とびらの中で、壊れたいすに気がついた。
 「だれかがこぶしで殴ったんでしょう」。案内した基地司令官のトラウトマンスドルフ中佐が苦笑した。
 10畳間ほどの広さ。壁も床も天井もすべて白ペンキの密室だ。PKO参加のため各国から派遣された訓練生が、国連憲章や作戦立案の講義と実地活動など全訓練メニューの最後にこなす「情緒テスト」の教室である。訓練生はこの密室に飲まず食わずで20時間、じっと時の流れだけを待つ。最も苦しい訓練のひとつだ。
 ここでフラストレーションを起こすようだと、PKO派遣には向かないと判断される。「我々は防衛のための軽装備以外、武器には頼れない。それで恐怖に陥ったり、自分を抑制できない人間にPKOを任すことはできません」と、同中佐はこともなげにいった。
 オーストリアは1960年、コンゴPKOで初めて派遣。これまで15PKOに延べ3万2000人を送り込んだ。現在も8PKOに約1000人を派遣する。戦闘に巻き込まれたり、事故でこれまで29人が死んだ。
 「危険がつきまとうのは仕方ない。しかし携帯する武器を極端に重装備とするわけにも・・・」とPKOの最高責任者グラインドル少将。同国のPKO隊員は短銃か自動小銃が普通。中東など交戦地域では対戦車砲を使ったこともある。
 PKO先進国スウェーデンは1948年の初派遣から、20PKOに6万人が参加した。いま男女850人が10PKOで活躍している。死者累計は60人。それでも「スウェーデン部隊は伝統的に短銃や自動小銃の軽装備を貫いている」(ヒランダー国防省PKO担当)。だがサラエボに派遣した150人については「少しでも被害が出れば、装甲車など装備強化が必要になろう」と、重装備への見直しをにおわせた。
 これに対し北大西洋条約機構(NATO)加盟国がPKOに派遣する場合、重装備の傾向は強くなる。
 国連保護軍の仏軍は機関砲つき装甲車、50口径機関銃、89ミリ対戦車ロケット砲を持ち込み、英軍も同様の装備を持たせた。ユーゴですでに8人が死んだ仏軍には「PKOは外交と軍事の性格を半面ずつ持つミッション」と割り切った見方が増えつつある。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
134,737

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から