日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/26 朝日新聞朝刊
クリントン氏とガリ総長の共通の知恵袋(国連物語:22)
 
 今夏、米国のある研究機関誌に掲載された外交政策に関する論文が、国連関係者の注目を集めた。
 「実際的な国際主義−米国と集団安全保障」。注目されたのは、ガリ事務総長が今年6月に提出した国連の改革案「平和への課題」と、構想が酷似していたためだ。「ガリ報告の草案と同じ筆者ではないか」。そんな憶測が駆けめぐった。
 マンハッタンの法律事務所で、筆者に会った。コロンビア大のリチャード・ガードナー教授。「私が草案を書いたと言われるのは心外」と話すが、ガリ報告の作成過程で議論に参画し、その結果教授の構想がかなり採用されたことは認める。「ガリ事務総長とは、彼がカイロ大の教授だった時代からの学者仲間。つきあいは30年になります」
 ガードナー教授は論文の中で、「予防外交」と「平和創設」活動の意義を強調している。さらに、国連憲章第43条に基づく交渉で「国連緊急展開部隊」を作り、紛争が起きる前に国境沿いに部隊を事前展開し、侵略があった場合には武力による「平和実施」を行うよう提唱した。「地域機関との連携」を含め、提言の骨子は、ガリ報告にほぼ正確に反映されている。
 もう一つ、ガードナー教授の論文が注目された理由がある。同教授が、民主党の大統領候補クリントン氏の外交顧問であるからだ。
 民主党のケネディ、ジョンソン政権時代に国務次官補代理、カーター政権時代にイタリア大使を務めた。学者と外交官の両方に幅広い人脈をもち、国連政策での発言には重みがある。
 今年4月、ニューヨークの外交政策協議会で行った講演で、クリントン候補は、「日本とドイツを常任理事国に」と提唱した。この提案は、緊急展開部隊と並んでガードナー教授が進言し、同候補が政策に採用した。
 「安保理の構成は、いずれ提起されるべき問題だ。もし日本が常任理事国になろうとするなら、多くの国は、日本が緊急展開部隊を提供することを期待するだろう。責任なしに力を持つことはできない。責任と力はいつも一つだ」
 ガリ事務総長とクリントン候補。2人の有力人物を結ぶ知恵袋のガードナー教授はそう語る。
 大統領選投票日まで、あと8日。優勢を伝えられるクリントン候補が当選すれば、米国の国連政策には大きな変化が起きそうだ。安保理の構成と緊急展開部隊。その2つは、1つのコインの両面として、日本に示される可能性がある。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
85位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
133,846

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から