日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/23 朝日新聞朝刊
はびこる官僚主義、調整つかない救援活動(国連物語:20)
 
 国連安全保障理事会の目が旧ユーゴスラビア内戦に集中していた7月末。中東アフリカから初の国連事務総長となったガリ氏は、安保理への報告書の中にこんな一文を入れた。
 「このままでは、同じように悲惨で危険な戦闘が続くソマリアなどで、地域紛争解決の力を発揮できなくなる恐れがある」
 文は控えめだが、ガリ事務総長は側近に「ユーゴは金持ちの戦争だ」と不満を漏らしていたという。
 「アフリカの角」のソマリアでは、人口の3分の1、約200万人が餓死寸前にある。氏族ごとの軍閥が群雄割拠し、無政府状態の中で救援食料の略奪が横行する。国連機関や非政府組織(NGO)は常に身の危険にさらされていた。
 ガリ事務総長の指摘は、「忘れられていた飢餓」に対する各国の人道意識をくすぐった。翌8月、米国が軍用機で食料の空輸を開始し、仏、ベルギー、独なども続いた。NGOも次々とソマリアに乗り込んだ。
 この救援ラッシュに、現地で最古参の赤十字国際委員会(ICRC)は「統制のない食料ばらまきは一層の略奪を誘発し、我々が築いた救援システムを壊してしまう」と反発。ソマリア問題担当のサヌーン国連事務総長特別代表も、救援組織間の調整に乗り出す意向を示した。
 だが、国連への期待は、批判へと変わっていく。
 8月末、ロンドンで記者会見した英国最大のNGO「セーブ・ザ・チルドレン」は、「国連の各機関が(飢餓対策という)共通の目標を忘れて、それぞれの手柄探しに執着するあまり、互いに対立までするぶざまな状況だ」と非難、ガリ事務総長に書簡を送り、国連のどれか1つの機関に指導権を与えるよう要請した。
 その後、各国からの食料空輸は国連の世界食糧計画(WFP)がICRCと共同で調整することになった。だが、大量運送手段の海、陸送はまだばらばらだ。
 アフリカ情勢にくわしいロンドンの学者グループ「アフリカ・コンフィデンシャル」が最近、報告書でこんな指摘をした。
 「飢餓対策に欠かせない国連の世界保健機関(WHO)と食糧農業機関(FAO)のスタッフが、ソマリアで活動する姿をほとんど見かけない」
 「官僚主義の弊害で内部の調整がつかず、救援は遅れるばかりだ」
 今月中旬になって、ソマリア南部で内戦が再開、国連やNGOは救援拠点から撤退を始めた。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
86位
(28,995成果物中)

成果物アクセス数
134,281

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月12日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から