日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【国連について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/21 朝日新聞朝刊
財政難と行革の中、環境部門強化ままならず(国連物語:18)
 
 今年2月。寒い金曜日のことだった。ニューヨーク・国連本部ビルの37階から、ある事務部門が、「まるで蒸発するように、1日で消えた」(元国連職員)。
 国連行革に取り組むガリ事務総長の命令一下で、3つあった経済社会関係の事務次長ポストが1つに統合された。イスを失うことになったブランカ事務次長(当時)の事務方の多くは、その朝、ボスのジュネーブ転任を知り、オフィスの即時撤収に追われた。
 6月にブラジルで開催された国連地球サミットを契機に、南側諸国の間で、南北問題の政治的優先順位を高めようとする機運が強まった。だが財政難を抱える国連は、20年前の「国連人間環境会議」後、国連環境計画(UNEP)を新設したようには、大幅増員できない。
 むしろ、事務次長ポストの統合に代表されるように、環境・開発を担当する経済社会部門の行革を断行してきた。南側諸国内では「軍事的安全保障部門より、経済社会部門削減に傾いている」との不満がくすぶるが、ガリ事務総長は手をゆるめる気配はない。
 ガリ事務総長には、もうひとつ宿題がある。地球サミットで合意した行動計画「アジェンダ21」の実施を見守る「持続可能な開発委員会」(CSD)設置だ。10月末にも報告書を作成する予定だが、主要国の意見対立が解けてない。
 事務局の設置場所では、ジュネーブを推すフランスが、アフリカの仏語圏に支持を呼びかけているが、日本は「CSDは、ニューヨークにある経済社会理事会の事務局が支援すべきで、ジュネーブに持っていけば組織の重複になる」との立場。地球サミットの開催地・ブラジルは、「組織の大きなニューヨークでは、サミットの成果であるCSDが埋没してしまう」と懸念する。一方米国は、環境保護局がジュネーブ設置を支持、国務省内で意見が分かれているという。
 国連抜きには、解決の糸口さえつかめない地球環境問題。だが地球サミット熱が鎮まるにつれ、今の国連には、問題をすべて背負い込めるほどの器量がないことも、はっきりしてきた。
 そんな国連の「限界」を意識したのだろうか。地球サミットの事務局長をつとめたモーリス・ストロング氏は最近、国連開発計画(UNDP)の事務局長顧問職を快諾する一方で、地球サミットの合意事項の実行に目を光らせるスーパーNGO(非政府組織)、「地球評議会」の組織委員長を引き受けた。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
85位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
133,730

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から